Feature Art nendoが日本美術を見せるとどうなる? サントリー美術館『information or inspiration?...

nendoが日本美術を見せるとどうなる? サントリー美術館『information or inspiration?』展で刺激的な体験を。

写真:齋藤誠一 文:土田貴宏 動画ディレクション:谷山武士 

予想のつかないクリエイションを発表し続けるデザインオフィス「nendo(ネンド)」が、サントリー美術館と共同でアートの見方をデザインした展覧会『information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美』を開催。nendoを率いる佐藤オオキさんに、展覧会に込めた思いを聞きました。

nendoが日本美術を見せるとどうなる? サントリー美術館『information or inspiration?』展で刺激的な体験を。

現在、日本で最も多忙なデザイナーとして活躍している佐藤オオキさん。2002年にnendoを設立し、プロダクト、空間、建築など幅広いデザインを手がけています。

サントリー美術館は、日本の絵画や工芸品などの古美術を核に充実したコレクションをもつ、1961年開館のミュージアムです。2007年に六本木・東京ミッドタウンに移転し、「生活の中の美」をテーマとするさまざまな展示を行ってきました。『information or inspiration?』展は、その長年の活動の中でも異彩を放つ、現代を代表するデザインスタジオ「nendo(ネンド)」とのコラボレーション展です。展覧会の副題は「左脳と右脳でたのしむ日本の美」。nendo代表の佐藤オオキさんは、1つの芸術作品をまったく異なる2つの視点から見せる展覧会を構成しました。



1 / 4p
Feature Art nendoが日本美術を見せるとどうなる? サントリー美術館『information or inspiration?...

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。