Feature Art 空山 基の最新セクシーロボットに見る、やわらかな金属のフェティシズム

空山 基の最新セクシーロボットに見る、やわらかな金属のフェティシズム

写真:齋藤誠一 文:山田泰巨

アーティスト、イラストレーターの空山 基のふたつの個展が、東京・渋谷で開催中だ。NANZUKAメインギャラリーでの『SEX MATTER』、渋谷パルコ2階のNANZUKA 2Gでの『TREX』と、精力的に作品を制作し世界を魅了し続ける作家に、創作へのモチベーションを聞いた。

空山 基の最新セクシーロボットに見る、やわらかな金属のフェティシズム

空山 基(そらやま・はじめ)●1947年、愛媛県生まれ。国内外で活躍するアーティスト、イラストレーター。代表作に、人体美とロボットを融合させた「セクシーロボット」シリーズ。着用しているシャツは、空山の作品を用いてファッションディレクターの小木“POGGY(ポギー)”基史が制作したセレクトショップ「2G」のもの。

空山基の名を知らずとも、その作品や関わったプロジェクトを知らない人を探すのは難しい。肉感あふれる人体の美と、メカニカルな表現が融合する唯一無二の描写力で1970年代から活躍する空山の作品は、世代や国籍を超えて多くの人々を魅了する。ソニーが開発したエンターテインメントロボット『AIBO』のコンセプトデザイン、エアロスミスが2001年に発表したアルバム『Just Push Play』のカバー、そして18年には東京で開催されたディオールのショー会場に全長12mもの巨大な作品「セクシーロボット」が設置されたことも記憶に新しい。ディオールのメンズ・アーティスティックディレクターであるキム・ジョーンズやステラ・マッカートニーなど、ファッション業界をはじめ各界に空山のファンは多い。今回の個展でも、オープニングとともに新しい作品集を限定で無料配布するや、あっという間になくなったという。

「私のことを知らない若者と一緒にやっていきたい。無料で本を配ったのも、その中の誰かが将来、自分に仕事を頼んでくれればいいという先行投資みたいなもの」と嘯く空山に、クリエイションについての思いを訊いた。

1 / 3p
Feature Art 空山 基の最新セクシーロボットに見る、やわらかな金属のフェティシズム
Feature Product 伝統と革新が導いた次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」に日本限定モデルが登場。
Feature Product 伝統と革新が導いた次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」に日本限定モデルが登場。