Feature Art 三菱一号館美術館「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」、 写真を芸術に高めた女性作家の軌跡をたどる。
PROMOTION

三菱一号館美術館「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」、
写真を芸術に高めた女性作家の軌跡をたどる。

写真:杉田裕一 文:青野尚子 ムービー:HIROBA

19世紀英国の女性写真家、ジュリア・マーガレット・キャメロン。7月2日(土)から始まる国際巡回展を前に、写真史に輝くキャメロン作品の魅力を、高橋明也館長と写真家・東野翠れんさんの対談でひも解きます。

三菱一号館美術館「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」、<br>写真を芸術に高めた女性作家の軌跡をたどる。

三菱一号館美術館の高橋明也館長(右)と、写真家でモデルの東野翠れんさん(左)。

7月2日(土)から9月19日(月)までの期間、東京・三菱一号館美術館で開催される回顧展「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」。

1863年末に初めてカメラを手にしたキャメロン(1815年-79年)は、記録媒体にすぎなかった写真を芸術の次元にまで引き上げた写真史上重要な人物です。本展は生誕200年を記念し、英国のヴィクトリア・アンド・アルバート博物館が企画した世界6カ国を回る国際巡回展。日本初となるこの回顧展を前に、三菱一号館美術館の高橋明也館長と写真家でモデルの東野翠れんさんとの対談を通して、キャメロンの魅力をスペシャルムービーとともに紹介します。

Feature Art 三菱一号館美術館「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」、 写真を芸術に高めた女性作家の軌跡をたどる。

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018