藝大のアーティストたちと、2074年の夢を見る——。フランス「コルベール委員会」のプロジェクトとは?

写真:外山温子 文:佐藤千紗

フランスのラグジュアリーブランドがメンバーとなる注目の団体「コルベール委員会」が日本の学生とユニークなプロジェクトを実施しました。その奥深きプロジェクトの意義を探ります。

藝大のアーティストたちと、2074年の夢を見る——。フランス「コルベール委員会」のプロジェクトとは?

6月17日から25日まで、東京藝術大学大学美術館にて「2074、夢の世界」と題された展覧会が開かれました。選抜された藝大の学生50名による作品が展示されたこの展覧会、実はフランスのラグジュアリーブランドの団体「コルベール委員会」との特別プロジェクトの成果なのです。なぜ、フランスのラグジュアリーブランドが日本の学生とコラボレーションしたのでしょう? そこには、歴史と伝統あるブランドが培ってきた、未来を担う若者たちに対する温かな支援と社会的責任を示す姿勢がありました。