Feature Art アートが腕時計を進化させる!? アートディレクター千原徹也の感性を刺激する、「オーデマ ピゲ」の理念。(前編)
PROMOTION

アートが腕時計を進化させる!? アートディレクター千原徹也の感性を刺激する、「オーデマ ピゲ」の理念。(前編)

写真、ムービー:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:髙田昌枝

世界最大のアートフェアであるアート・バーゼルとパートナーシップを結び、支援を続ける「オーデマ ピゲ」。アートコミッション活動によって、新進アーティストの作品制作を支援しています。今年6月、スイスで開催されるアートバーゼルの会場を、アートディレクターの千原徹也さんとともに訪ねました。

アートが腕時計を進化させる!? アートディレクター千原徹也の感性を刺激する、「オーデマ ピゲ」の理念。(前編)

4回目となるオーデマ ピゲ・アートコミッションの作品を発表したイギリスのアーティストデュオ、Semiconductor(右:ルース・ジャーマン、中:ジョー・ゲアハルト)と千原徹也さん。

スイスのバーゼルといえば、時計ファンには毎年開催される時計の見本市がおなじみですが、世界最大の現代アートフェアの開催地としても知られています。2013年以来、オーデマ ピゲは公式アソシエイトパートナーとして、アート・バーゼルを支援してきました。バーゼルのほか、香港、マイアミビーチで開催されるこのアートフェアでは、毎年、マニュファクチュール(自社一貫生産)の伝統と源をテーマにしたコレクターズラウンジのデザインをアーティストに依頼して、世界のVIPを迎えています。2014年には、アートコミッションをスタート。毎年、新進アーティストのプロジェクトを1点選び、全面的に支援、出資して、アート・バーゼルの舞台で世に送り出しています。

アート・バーゼル訪問は初めてという千原徹也さんは、広告、装丁、ファッションブランディングやWEBまで、幅広い分野で活躍するアートディレクターです。「精密な技術と時計を操るオーデマ ピゲが、定義や答えのないアートを支援する活動を行い、それを自分たちの起業精神に生かそうとしている姿勢はおもしろいですね」と興味津々で会場に向かいます。

Feature Art アートが腕時計を進化させる!? アートディレクター千原徹也の感性を刺激する、「オーデマ ピゲ」の理念。(前編)

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018