Feature Art 現代アートとのコラボレーションで、ブランドの未来を切り開く「オーデマ ピゲ」

現代アートとのコラボレーションで、ブランドの未来を切り開く「オーデマ ピゲ」

岡村昌宏(CROSSOVER)・写真 横山いくこ・文

現代アートを支援することで、時計づくりをさらに前進させる”新たな視点”を獲得するオーデマ ピゲ。彼らのチャレンジングな取り組みを、スマイルズの遠山正道さんと探ります。

現代アートとのコラボレーションで、ブランドの未来を切り開く「オーデマ ピゲ」

黒い服に身を包んだケオラさん(右)と遠山正道さん。一見すると、ポジとネガを反転させた写真のような、ケオラさんの作品の前で。

香港の春の風物詩といえるほどの活気をみせる、世界最大級のアートフェア「アート・バーゼル香港」。会場内に、世界中から集まるコレクターやアートラバーを惹きつける一角がありました。それは、コンテンポラリーアートの支援でも知られるスイスの名門時計ブランド、「オーデマ ピゲ」のVIP向けラウンジ。ふたりの気鋭のアーティストを起用し、深遠かつ華やかな空間をつくり上げていたのです。

前回の記事「スマイルズの遠山正道さんと探る、オーデマ ピゲとコンテンポラリーアートの素敵な関係」では、空間デザインも含めた作品を披露したチリ出身のアーティスト、セバスチャン・エラズリスさんにフォーカス。経営者としての視点を併せもちながらアートについて考えるスマイルズの遠山正道さんが、エラズリスさんに話を聞きました。今回は、デジタル表現を追求するイタリア出身のビジュアルアーティストのケオラさんに注目。遠山さんとの対談を通して見えてきた、オーデマ ピゲとアートのより深い関係性を紹介していきます。

Feature Art 現代アートとのコラボレーションで、ブランドの未来を切り開く「オーデマ ピゲ」