天才アラーキーの足跡を辿り“いま”を知る、見逃せない2つの展覧会を紹介!

写真:菅野恒平 文:青野尚子 編集:山田泰巨

今年、国内外あわせて10もの個展を開催する荒木経惟。その中でも最大規模の展示がいま東京で開かれています。衰えることのない勢いで進み続けるアラーキーの“いま”をレポートします。

天才アラーキーの足跡を辿り“いま”を知る、見逃せない2つの展覧会を紹介!

「やっぱり写真は荒木だね!」

そう高らかに宣言し、荒木さん自身による解説で展覧会ツアーが始まりました。

この夏、東京の美術館では大規模な個展が2つ、開かれています。東京オペラシティアートギャラリーでは「写狂老人A」と題して新作を中心に展示。東京都写真美術館の「センチメンタルな旅 1971-2017-」では愛妻、陽子さんを撮ったものを並べました。この2つの展覧会を荒木さんによる解説とともに辿っていきましょう。