Feature Art ウォーホルたちの名作に目が眩む、アメリカン・ポップ・アート展。

ウォーホルたちの名作に目が眩む、アメリカン・ポップ・アート展。

写真:江森康之 文:青野尚子

週末の展覧会ノート Book 01:コレクターから見た、アメリカン・ポップ・アートのスター

この展覧会は日本人のキミコ・パワーズさんとアメリカ人のジョン・パワーズさん夫妻が集めたポップ・アートのコレクションで構成したもの。1960年代以降、夫妻はレオ・キャステリ画廊などを通じて彼らの作品を購入するだけでなく、個人的にも交流していました。「ジョン・パワーズさんは美術書専門出版社を経営していた友人すすめで現代美術に興味をもち、コレクションを始めたそうです」と南さん。パワーズさんのコレクションにはアメリカのポップ・アートのホットな歴史を物語る、重要なピースがたくさん含まれています。これまでもこのコレクションをキミコさんの故郷、日本で展示しようというプランがありましたが、いままで実現はしませんでした。作品の価格が高騰していて、展覧会を開くための保険料が莫大になってしまうこと、壊れやすい作品が多く、運搬が大変なことなどがその理由です。今回の展覧会も他館には巡回せず、国立新美術館のみで開かれています。

ウォーホルたちの名作に目が眩む、アメリカン・ポップ・アート展。

アンディ・ウォーホル『200個のキャンベル・スープ缶』(1962年)

その貴重なコレクションの中でも、一番の目玉がアンディ・ウォーホル「200個のキャンベル・スープ缶」(上写真)。キャンベル・スープの缶が縦に10個、横に20個並びポップ・アート界のモナリザとの別名もある、人気の高い作品です。「これと同種の作品は全部で3点しかありません。この作品では缶がすべてステンシルで描かれており、しかもパーツごとに違う型紙が使われています。ウォーホルはこのあとシルクスクリーンの版画を始めるのですが、ステンシルを使っていたのはごくわずかな期間でした。またスープの味は20種以上あり、ランダムに並んでいます。他の作品では同じ味のものだけを並べていたりするので、その点でも貴重です」。ウォーホルはこの絵を描くときに実際の缶ではなく、キャンベル社の広告をもとにしています。もともと平面だったものを、平面のアートに置き換えているのです。「ポップ・アート」の語源は広告やファッション、映画やイラストレーションなどを指す「ポピュラー・アート」、つまりは大衆芸術のこと。それらは当時「ハイ・アート」、高尚なアートとは区別されていました。それが60年代のアメリカで、大衆芸術のモチーフや手法を引用したアートを指す言葉になったのです。

ウォーホルたちの名作に目が眩む、アメリカン・ポップ・アート展。

アンディ・ウォーホル『キミコ・パワーズ』(1972年、1973年)

上の写真に並んでいるのはキミコさんのポートレイトです。ウォーホルは注文を受けてポートレイトを作成する、というビジネスを手がけていたことがありました。キミコさんのポートレイトはそのビジネスのテスト版として作られたようです「パワーズ夫妻のアパートメントで100枚以上撮影したポラロイドの中から、ウォーホルがカットを選びました。できあがったポートレイトの色の並びなども彼が決めています」。キミコさんによると、ウォーホルはキミコさんに思い切り厚化粧させて撮ったりもしていたそう。後にほかの人の注文で作ったものの中にはウォーホル自身、気乗りがしなかったと見えるものもあり、それらはあまりきれいに描いていないのだとか。アートとビジネスの関係が垣間見えるおもしろい作品です。

上段写真:アンディ・ウォーホル『毛沢東』(1972年)『花』(1970年)
1 / 3p
Feature Art ウォーホルたちの名作に目が眩む、アメリカン・ポップ・アート展。