「人の記憶に残る建物をつくりたい」—— 半世紀におよぶ安藤忠雄の挑戦を体感する、必見の大規模個展を詳細レポート

写真・高木康広 編集・文:山田泰巨

東京・六本木の国立新美術館で、建築家・安藤忠雄の大規模個展が行われています。1分の1で再現された「光の教会」をはじめ、圧倒的なボリュームで代表作品を紹介している展示の模様をレポートします。

「人の記憶に残る建物をつくりたい」—— 半世紀におよぶ安藤忠雄の挑戦を体感する、必見の大規模個展を詳細レポート

野外展示場に設置された「光の教会」(1989年)1分の1再現内部。実物では十字部分にガラスがはめ込まれていますが、ここでは安藤さんが長年希望していたガラスのない十字のスリットを実現。光と風が内部に入り込みます。

建築家・安藤忠雄。おそらく日本で最も名が知られている建築家でしょう。プロボクサーから転身し、独学で建築を学んだという異色のキャリア。コンクリートといえば安藤と世界が認める、唯一無二の表現。世界中にクライアント、そしてファンをもつ稀代の建築家です。

そんな安藤忠雄の若き日の挑戦から、いまなお悪戦苦闘を続ける最新作に至るまで、錚々たる作品に迫る大規模個展が東京・六本木の国立新美術館で開催されています。会場では安藤さんの活動の原点である「住まい」に始まり、原寸大でつくられた代表作「光の教会」で体験できる「光」など、安藤建築を語るうえで欠かせない6つの要素とともに、その仕事に迫ります。会場では約270点の設計資料や模型を使い、90のプロジェクトを紹介。この秋必見の展示を紹介していきましょう。