ADC賞から読み解く、クリエイティブにおけるオンスクリーンの可能性と未来。

写真:大河内 禎 写真:中村彰男(INDUSTRIAL JP) 文:山田泰巨

去る7月、ギンザ・グラフィック・ギャラリーとクリエイションギャラリーG8でADC展が開催されました。広告やデザイン作品から選出される同賞は、日本のクリエイティブの現在を知ることのできる賞のひとつ。今年よりオンスクリーンメディア部門が加わり、作品の幅が広がった同賞の受賞作品を紹介します。

ADC賞から読み解く、クリエイティブにおけるオンスクリーンの可能性と未来。

一般作品の展示が行われたクリエイションギャラリーG8

ADC賞から読み解く、クリエイティブにおけるオンスクリーンの可能性と未来。

ADC会員の作品が展示されたギンザ・グラフィック・ギャラリー

ADC賞なる賞を聞いたことはあるでしょうか。

アートディレクターを中心に、フィルムディレクター、クリエイティブディレクター、コピーライターなどで構成される東京アートディレクターズクラブ(以下ADC)が毎年、1年間に発表された広告やデザイン作品から優れた作品を選出する賞。ポスター、新聞・雑誌広告、エディトリアルデザイン、パッケージ、CI・マーク&ロゴ、ディスプレイ、テレビコマーシャルなどといった多様なジャンルが対象となっていますが、今年はここにウェブや映像を対象とする「オンスクリーンメディア部門」が加わりました。今年度の受賞対象は、2016年5月から2017年4月までに制作された作品。先ごろ、約8000点の応募作品から75名の会員投票で受賞作品が選ばれました。

グランプリを獲得したのは町工場6社による工場音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」のウェブサイトと映像。初の審査で注目を集めたオンスクリーンメディア部門より出展された作品で、町工場に光をあてた社会性、機械の部分アップの連続で構成される映像とオリジナルの音楽の融合が高い評価を得ました。そう、ADC賞の審査対象となる作品の多くは時代をうつす鏡でもあるのです。オンスクリーンメディアの魅力とともに、今年度の受賞作品を見てみましょう。