Collection JIL SANDER / ジル・サンダー 2018-19年 秋冬ジル・サンダーメンズ・コレクション

JIL SANDER / ジル・サンダー

2018-19年 秋冬 メンズ・コレクション

  • 袖にアームバンドをつけた、
ユニークなバランス

    袖にアームバンドをつけた、
    ユニークなバランス

  • 横に広がった襟は、
取り外し式のニットパーツ

    横に広がった襟は、
    取り外し式のニットパーツ

  • バンドでつないだダウン入りの
エプロンを斜め掛け。

    バンドでつないだダウン入りの
    エプロンを斜め掛け。

「心地よく着られる未来の服」。今季のジル・サンダーが目指した領域は、独自の着眼点による新しい衣服の創造に主軸が置かれています。メンズとウィメンズの混合ショーで発表されたメンズの色彩は、グレイッシュでストイックなもの。これはジル・サンダーらしいメゾンコードです。中心的なアイテムであるマキシ丈のロングコートは、生地のカッティングや切り返しが特徴的な、イタリア製のオリジナルファブリックを使用した「ヴィシーチェック」。さらにそこに付け足されるのは、斜め掛けバッグのようなダウン入りのエプロンや、取り外しできるニットのつけ襟。ニットのアームバンドでコートの上腕を絞るスタリングも登場。暖かさやフィット感の、不思議な身体感覚を得られる、さりげなくも意欲的なコレクションです。

Collection JIL SANDER / ジル・サンダー 2018-19年 秋冬ジル・サンダーメンズ・コレクション