Collection ETRO / エトロ 2018-19年 秋冬エトロメンズ・コレクション

ETRO / エトロ

2018-19年 秋冬 メンズ・コレクション

  • タペストリーのような、
大胆なロングコート

    タペストリーのような、
    大胆なロングコート

  • ジャカード織りの技術で、
刺繍柄を表現。

    ジャカード織りの技術で、
    刺繍柄を表現。

  • 今季のパンツは、
シルエットがルーズ

    今季のパンツは、
    シルエットがルーズ

アイコニックなペイズリー模様を始め、世界中から民族調のモチーフをかき集めてテキスタイルをつくり、イタリア流のワードローブに落とし込むエトロ。この18-19年秋冬ではテーマを「ダンディの巡る道」と定め、「デカダン(退廃的)」を感じさせる色柄が主に用いられました。タペストリーやカーペットの技法を取り入れたテキスタイルがその代表的なものです。ネイティブ・アメリカン発祥のナバホ織りの模様がブロックプリントになり、ペルシャやケルトのタペストリーがウール生地になりました。この生地はパーカやボマージャケットなどのカジュアルアウターにも使われています。ベルベットやコーデュロイといった流行の秋冬素材も用いられ温かみをプラス。ワークウェアに着想を得たキャンバスコートのダメージ加工は、日本の「わびさび」の精神が元になっています。

Collection ETRO / エトロ 2018-19年 秋冬エトロメンズ・コレクション

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。