Collection CELINE / セリーヌ 2019-20年 秋冬セリーヌメンズ・コレクション

CELINE / セリーヌ

2019-20年 秋冬 メンズ・コレクション

  • モダンな感性による服は、
肩が広く身頃もたっぷり。

    モダンな感性による服は、
    肩が広く身頃もたっぷり。

  • 80年代「マッドネス」を彷彿する
タイムレスな着こなし。

    80年代「マッドネス」を彷彿する
    タイムレスな着こなし。

  • レザーパンツによる、
イブニングスタイル

    レザーパンツによる、
    イブニングスタイル

エディ・スリマンによる新生セリーヌのセカンドシーズンとなる今回、テーマに掲げられた言葉は、「A LONDON DIARY(ロンドン ダイアリー」。「イギリスの若者のポラロイド」とアナウンスされているように、エディが思うイギリスのユースカルチャーを切り取ったようなスタイルが表現されています。ゆったりと羽織るようなテーラリングが軸にあり、ネクタイはエディ流のスリムなもの。パンツはスキニーもありつつ、股上が深いルーズなカタチも見られます。1970年代後半のパンクムーブメントが過ぎ去ったあとの、80~90年代のストリートやロックスタイルを彷彿させるルックが次々に登場しています。好きな人にはたまらない魅力をもつ、エディのフィルターを通したオーセンティックなワードローブです。

Collection CELINE / セリーヌ 2019-20年 秋冬セリーヌメンズ・コレクション

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。