Collection BALENCIAGA / バレンシアガ 2018-19年 秋冬バレンシアガメンズ・コレクション

BALENCIAGA / バレンシアガ

2018-19年 秋冬 メンズ・コレクション

  • ショー序盤に登場した、
タイトフィットなルック

    ショー序盤に登場した、
    タイトフィットなルック

  • ショー中盤を彩った、
ヘリテージなテーラリング

    ショー中盤を彩った、
    ヘリテージなテーラリング

  • 終盤を飾ったのは、
スーパーレイヤードルック

    終盤を飾ったのは、
    スーパーレイヤードルック

ウィメンズとメンズが統合され、2018 WINTERコレクションとして、一つのショーで発表された今季のバレンシアガ。オーバーサイズの服を世界中に広めた立役者である同メゾンのショーは、意表を突いて、身体に沿うタイトフィットなルックから始まりました。ショーが進むにつれしだいに服のボリュームが増していき、ハイテクな成型技術により再設計されたクリストル・バレンシアガの構築的なテーラリングが繰り広げられます。そしてショー終盤に登場したのは、最大9枚も重ね着した超ビッグシルエットのアウターの数々。これは実際は重ね着ではなく、重ね着に見えるように計算されて仕立てられた、フェイクレイヤードの服です。冬山で着られる衣服の重ね着から着想されたデザインは、今回のハイライトとして強烈なインパクトをもたらしています。また、世界中の飢餓に立ち向かうWorld Food Programme とのパートナーシップが発表され、ロゴのついたアイテムがランウェイで存在感をアピールしました。

Collection BALENCIAGA / バレンシアガ 2018-19年 秋冬バレンシアガメンズ・コレクション

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018