気鋭のチェロ奏者も驚いた、弦の震えまで響かせる再現力。フランス発オーデ...

気鋭のチェロ奏者も驚いた、弦の震えまで響かせる再現力。フランス発オーディオ「デビアレ」を、伊勢丹新宿本館で体感しよう。

気鋭のチェロ奏者も驚いた、弦の震えまで響かせる再現力。フランス発オーディオ「デビアレ」を、伊勢丹新宿本館で体感しよう。

「シルバー ファントム」(写真手前)3000ワットで16Hzから25 kHzまでの音域を再現可能。¥319,000(税込)。店内では付属のアクセサリーを購入できる他、デビアレのスタッフもいるので、サイズや製品ごとの違いなど、購入の検討もしやすいでしょう。

2019年春にお披露目となった伊勢丹メンズ館の改装は、大きな話題を呼びました。そんな折、実は隣接する伊勢丹新宿本店5階でも大規模な改装が行われていたことをご存じでしょうか? 5階のフロアは、以前は本館4階とメンズ館に分かれていた時計売り場を集め、取り扱い点数も拡大した「ウォッチ」フロアと、快適で優雅な住環境を提案してくれる「リビング」フロアのふたつの要素で構成されています。

そのリビングフロアの中に、フランス発の超高音質スピーカー「デビアレ」の日本初常設店舗が登場しました。上位機種「デビアレ ファントム」は、アンプとスピーカーが一体となった、大人が両手で抱えられるくらいの大きさです。しかし、最大出力にしても音の歪み、ノイズ、サチュレーションがまったく起きないという独自の機構を採用。また、両側面のウーファーが、人間の耳には聞こえないレベルの身体に響くような低音まで再現してくれ、中央の中高域のスピーカーとともに圧倒的な表現を実現。まるでライブ会場にいるかのような臨場感を楽しむことができ、その音質のよさはビヨンセが数台所持しているというエピソードからも納得できます。

気鋭のチェロ奏者も驚いた、弦の震えまで響かせる再現力。フランス発オーディオ「デビアレ」を、伊勢丹新宿本館で体感しよう。

伊勢丹新宿本店5階のリビングフロアにある、デビアレ常設店。「フランス語で読みにくいと思いますが、『デビアレ』と発音してください」と語る、デビアレ・ジャパン事業開発担当のルカ・フェネック。

このデビアレ、オーディオファンをして最も表現が難しいといわれるクラシック音楽とも抜群の相性を見せました。先日、閉館後の伊勢丹店内でチェリストの笹沼樹(ささぬま・ たつき)さんが、最上位機種「デビアレ ゴールド ファントム」と共演するというイベントを開催。まずは笹沼さんが、1771年製のチェロ「ランドルフィ」で、バッハ『無伴奏チェロ』のプレリュードを演奏しました。ところが演奏の最中、彼が腕を止めても曲が鳴り続けます。実は途中から、事前に録音しておいた演奏に合わせて弾くふりをするという趣向だったのです。笹沼さんの真横に陣取っていても、どのタイミングで音が切り替わったのかまったくわからないほどでした……。

気鋭のチェロ奏者も驚いた、弦の震えまで響かせる再現力。フランス発オーディオ「デビアレ」を、伊勢丹新宿本館で体感しよう。

デビアレ ゴールド ファントムと共演する笹沼さん。

その後、ショパンの『ノクターン』を、笹沼さんが事前に低音・中音のパートを録音したものに併せて、自身で高音パートを演奏するという”スピーカーと生音の共演”にて披露しました。

スピーカーとチェロが、しっかりと融合しているのがおわかりいただけるでしょうか。演奏を終えた笹沼さんに話を聞きました。「自分と共演するという夢が叶いました(笑)」と笑顔を見せた後で、「僕たち演奏家はコンサートホールなど、楽器を持ち込める限られた場所の中で最高の音を表現します。でもこのスピーカーと気に入った音源があれば、どこでも最高の音質で再現ができる。これはかなりすごいことですよ」と、太鼓判を押してくれました。

気鋭のチェロ奏者も驚いた、弦の震えまで響かせる再現力。フランス発オーディオ「デビアレ」を、伊勢丹新宿本館で体感しよう。

デビアレの底力を体験できる視聴室。フルボリュームでのサウンドを体感するため、イタリアから特注したガラスが徹底した防音効果を発揮しています。

伊勢丹の店舗では、デビアレの真価を体験できる視聴スペースも完備。完全防音のガラスのケースの中で、空気の振動が伝わってくるかのような迫力あるサウンドを確かめることができます。普段は音楽ストリーミングサービスを再生していますが、前方スクリーンで動画の視聴も可能です。伊勢丹に出かけた際はぜひデビアレのコーナーで、魂まで揺さぶられそうな音を味わってみては?(編集YK)

デビアレ伊勢丹新宿店
場所:東京都新宿区新宿3-14-1
伊勢丹新宿店5階 リビング/ウォッチ
TEL:03-3352-1111(代表)
営業時間:10時~20時
定休日:伊勢丹新宿店休業日に準じる

www.devialet.com/ja-jp

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。