九谷焼のいまと未来を繫ぐギャラリーで、 伝統工芸の明日が見える『華鳥夢...

九谷焼のいまと未来を繫ぐギャラリーで、 伝統工芸の明日が見える『華鳥夢譚』展が開催中。

九谷焼のいまと未来を繫ぐギャラリーで、 伝統工芸の明日が見える『華鳥夢譚』展が開催中。
九谷焼のいまと未来を繫ぐギャラリーで、 伝統工芸の明日が見える『華鳥夢譚』展が開催中。
小さな町にいくつもの登り窯、陶器の里・唐津で生まれ育った僕にとって、磁器は異次元のもの。特に、絢爛を極める九谷の磁器は、遠い世界の焼き物だった。そんな九谷焼が急に身近に感じられたのは、ロンドン往復のチケットを買って、途中下車でパリに長期滞在した時だ。短い休暇でロンドンに飛び、サウスケンジントン...
閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら