部屋の隅で眠っていた1995年の『トイ・ストーリー』、開けゴマ!

部屋の隅で眠っていた1995年の『トイ・ストーリー』、開けゴマ!

部屋の隅で眠っていた1995年の『トイ・ストーリー』、開けゴマ!

縦40×横31×厚さ7cmと、かなり大きめのパッケージ。表面はシルバーのヘアライン仕上げ。潰れるのが嫌なので、ハンドキャリーで持ち帰りました。価格は100ドルくらいだったと記憶しています。

先日、部屋を片付けていた時に出てきた『トイ・ストーリー』のビデオパックです。

パッケージはの裏側を見ると、1995年と書かれています。たぶん、95年か、96年か、アメリカのフロリダかオークランドのショッピングモールのビデオ店で見付け「LIMITED EDITION」、つまり「限定」の言葉に惹かれて買ったものです。「限定」に昔から弱いもので。

1995年は『トイ・ストーリー』の第1作がアメリカで公開された年です。日本公開は96年だったと思いますので、このビデオを買ったのが95年ならばまだ私は映画を見ていないわけで、日本で観てからこのビデオを見ようと思ったのか、よく覚えていないのですが、購入したまま、未開封で部屋の奥で25年近く眠っていました。何度か目にはしているのですが、「今度開けようか」とそのままにしていました。



部屋の隅で眠っていた1995年の『トイ・ストーリー』、開けゴマ!

ビニールを取って、引き出しのようにパッケージを出すと、これだけのものが入っています。左はビデオ2本で、右上がアートブック。右下は3Dのイラストレーションです。

いい機会なので、ビデオのパッケージを開けてみました。

外側のパッケージがかなりの大きさなので、特別なフィギュアでも入っているかと期待して買ったのですが、残念、ビデオ2本と第1作のアートブック、それにパッケージのイラストを3Dにしたものが入っていました。ビデオは本編とビハインドストーリーの2本が付いています。当時は秋葉原の裏通りで購入した世界中、どこのビデオでも観ることができるVHSレコーダーを持っていたのですが、10年以上前にその機械は壊れてしまい、それ以降は、VHSのテープを我が家で観ることはできなくなりました。そうなると、なおさら観たくなるのが世の常です。最近の『トイ・ストーリー』ではDVD化された時に、付録みたいな小作品が入ることが多いですから、もしかしたらどこかのDVDで観られるかもしれません。今度、探してみようと思っています。

部屋の隅で眠っていた1995年の『トイ・ストーリー』、開けゴマ!

これが保証書です。いや本格的です。昔、アメリカでキャラクター入りの限定ウォッチを購入した時もこうした書類が入っていました。

パッケージの中にこの「EXCLUSIVE DELUXE LIMITED EDITION」の保証書みたいなものが入っていました。印刷だと思われますが、ディズニーの会社のサイン入りです。こういうところがアメリカの製品、アメリカ人のマニアっぽいところです。このビデオを購入したのは、フロリダの「ディズニー・ワールド」の撮影で訪れた時でしたが、あの規模、あのこだわり、真剣に遊んでいるところは、アメリカの魅力だと痛感しました。だからこういう書類もパッケージに入れているのです。

部屋の隅で眠っていた1995年の『トイ・ストーリー』、開けゴマ!

量販店の棚で見付けた夏掛け。意外に気持ちがいいです。こういう商品をつくりそうな映画が公開されると、キャラクターがらみで製品化しそうなショップなどは必ずチェックします。

『トイ・ストーリー』はもちろん全作、公開時に観ています。『トイ・ストーリー4』もずいぶん前に観ました。「3できれいに終わったのになんでまたやるの」と言う方もいらっしゃるようですが、私はこの世界観が好きですので、何作でもOK。「フォーキー」という新しいキャラクター、最初に見た時には興味がわかなかったのですが、本編も観ると、結構いい味を出しています。「ギャビー・ギャビー」に興味があって、フィギュアを探していたのですが、どうも日本では販売していないようです。オークションサイトには出ているのですが、まだまだ少々高いので、迷っています。その代わりではないのですが、近所の量販店で見付けたのが夏掛けです。ほとんどのキャラクターが可愛く書かれていますし、経験から言えば、後々、こういうアイテムの方が手に入りにくいものです。昨年だったでしょうか。「コム デ  ギャルソン シャツ」が、「トイ・ストーリー」の生地を使ったトートバッグを発表し、展示会で見ました。これは記念に買おうと思っていましたら、『トイ・ストーリー』の生地はヴィンテージのもので、販売された時には別のキャラクターがパッチワークされていました。店先で在庫を全部見させてもらいましたが『トイ・ストーリー』はありませんでした。使い込んでしまったら、この夏掛けも何かに再生してもいいかもしれません。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。