Margate

/

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

Margate

Margate
Margate、海辺のリゾートとして250年の歴史のある街です。
ロンドン、St Pancras Stationから高速鉄道で1時間30分ほどで行けるため、ロンドンからも多くの人が訪れます。
この街の魅力は"Romantic, Sexy and Weird"とMargate出身のアーティスト、
トレイシー・エミンが言うように、何とも言えない独特の雰囲気を醸し出しています。
ビクトリア時代の華やかさ、50年代のファミリー向け避暑地を経て、モッズとロッカーによる抗争で荒れ、移民流入による失業者の増加、また犯罪率の増加等により、90年代はとても荒れた状況だったそうです。

近年、このエリアが見直されてきており、21世紀の新しいMargateが少しずつ見え始めてきました。その変革をまず引き起こしたのがMargate Main Sandsの横に建設された
Turner Contemporaryです。19世紀のイギリスを代表する画家でこの地で育ち、またいくつもの風景画を残しているJ. M. W. Turnerの名がつけられた現代アートスペースです。
このスペースを中心に、旧市街に多くのアンティークショップや、アーティストのアトリエ兼ショップなどがオープンし始め、そのにぎわいはMargateのとなりのエリアCliftonvilleへと広がりつつあります。
Margate
Margate
砂浜のビーチはイギリスで貴重な存在です。
Margate
海水を利用したプール、潮が引いたときのみ現れます。
Margate
Dreamland、2005年に閉鎖された遊園地、木造のジェットコースターは国が指定する保存建築Grade-IIに指定されています。来年再オープンの予定で、Turner Contemporaryに次ぐMargate Regenerationの目玉イベントとして注目されています。
ちなみに、去年のFred Perryのコレクションの撮影はこのDreamlandの前で行われたようです。モッズ時代の名残を感じます。
Margate
メインビーチを通り過ぎるとモダンな建築のTurner Contemporaryが見えてきます。そしてこの丘を越えCliftonvilleへと続いていきます。
Margate
Cliftonvilleは旧市街ほどではありませんが、新しいお店やカフェが少しずつ増えています。
Margate
Margate
海沿いはCliftonvilleの名前から想像できるように崖に囲まれています。
Margate
今と
Margate
昔です。
Margate
もう一つ今と
Margate
昔です。
Margate
実際に華やかだった当時を知るお年寄りが街を歩きながら、子供の頃の思い出をたよりに、この場所はこんな感じだったと話しているのを聞きました。昔の華やかさは無くなってしまいましたが、また新しいMargateの姿が出来上がっていくのを楽しみにしてこれからも訪れたいと思っています。帰り際、夕日が沈む風景をずっとみて、沈みきったのを確認してからお店をCloseにしていた店員が印象的でした。

PAGE TOP

Margate

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。