Takahiro Tsuchida

Takahiro Tsuchida / Design Journalist / Writer
土田 貴宏/デザインジャーナリスト/ライター

1970年北海道生まれ。会社員などを経て、2001年からフリーランスで活動。国内外での取材やリサーチを通して、雑誌をはじめ各種媒体に寄稿中。家具などのプロダクトを中心とするデザインと、その周辺のカルチャーについて書くことが多い。法政大学デザイン工学部などで兼任講師を務める。趣味は飲酒とインスタグラム。
http://txtxtt.blogspot.jp/

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

Edmund de Waal と Giorgio Morandi の展覧会



ここ数か月、スウェーデンに旅行した何人かの知人が訪れている展覧会「Edmund de Waal / Morandi」。いまいちばん観たい展覧会です。夏の北欧、デ・ウォール、モランディというあまりにも出来過ぎた組み合わせ、想像するだけで涼しい気分になる。

Edmund de Waal と Giorgio Morandi の展覧会

   

Edmund de Waal と Giorgio Morandi の展覧会

会場のArtipelag は、4年前に一度だけ行ったことがある。湖と原生林に囲まれた、いかにもスウェーデンらしいロケーションの中にぽつんとあるアート施設。デンマークのルイジアナ美術館をちょっと連想させるところも。ストックホルム中央駅から直行バスが出ている。


Edmund de Waalはイギリスの多才な陶芸家で、著名ギャラリーのガゴシアンで展覧会をするほどアーティストとしても評価が高い。このブログでも以前に取り上げたことがあった。今回の展覧会では彼はキュレーションにもかかわり、モランディに関連づけた新作を展示してもいる。



ジョルジョ・モランディは説明不要の20世紀イタリアの画家。ボローニャの自身のアトリエにこもって、生涯にわたり似たような静物画を描きつづけた。そしてde Waalにとって、モランディは大きなインスピレーションを与えてくれた作家の一人だそう。

Edmund de Waal と Giorgio Morandi の展覧会

モランディは多作な画家で、バーゼルやミラノなどのアートフェアでもよく作品を見かける。値段を確かめたことはないけれど、数百万か、数千万か……ともかくギャラリーでの扱いからして億ということはなさそう。東京で数千万円のマンションを買うなら、代わりにモランディの絵を買いたいな(と妄想する)。

Edmund de Waal と Giorgio Morandi の展覧会

モランディといえば、イタリアの写真家、Luigi Ghirri が撮影した彼のアトリエの様子もよく知られている。ルイジ・ギッリのオリジナル作品は、先日、東京で開催された展覧会で値段を見て驚いたけれど、モランディのアトリエの写真はギッリの没後に妻のPaola Ghirri の監修のもとエディション販売されたものが数種類あり、比較的安価で入手しやすい(たとえばこちら)。上の写真もその連作のひとつで、モランディのベッドを写したもの。

PAGE TOP