Naoko Takegata

Naoko Takegata / dailypress
竹形 尚子/デイリープレス

デザインの分野を中心としたアタッシェ・ド・プレス事務所「デイリープレス」を2003年にスタート。書籍倉庫→アンティーク家具屋の後に引き継いだオフィスの半分を「Naname(ナナメ)」と名付け、文字通り坂道でななめになっているこの場所でできる展示会やクリエイターとのプロジェクトを始めたところです。
http://www.dailypress.org

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

沖縄が流れ込んできた

沖縄が流れ込んできた

沖縄と東京を拠点にするデザイナーの真喜志奈美さんから「素晴らしい手織りのハンカチをぜひ見に来て」とのお誘いに、沖縄へ。戻って1週間経つ今も、心と体に流れ込んだ沖縄がぐるぐるとしています。

まずは読谷村の陶芸家、大嶺實清さんを訪ねました。實清さんはある時イメージした器を、日々試行錯誤を重ね10年単位で仕上げるそうです。「最近はみんな3か月や半年単位でものを考えているでしょ。そんなスピードでどうするんだろうね」。沖縄入り直後、御年83歳、ピカソのような出で立ちの實清さんとの出会いと言葉に、いきなり頭をゴツンと叩かれたような衝撃。

沖縄が流れ込んできた

見送ってくださる實清さん。

沖縄が流れ込んできた

コザで運良く實清さんの個展を見ることができました。

首里織の織り手、上間ゆかりさん、金良勝代さん、新垣斉子さんとお会いする。普段は帯や着尺の制作をするみなさんは、沖縄の植物(アメガシワ、イタジイ、フクギなどいろいろ)から染料を抽出して糸を染め、織るまでを一貫して一人で行っています。着物を着る人が減ったという背景はもちろんありつつ、でも一番は、手織りの良さを多くの人に知ってもらいたいこと、いつもと違うことを楽しみたいと、手織りのハンカチを作り始めたそうです。念入りな下準備と、緻密な計算、力加減で、細い糸一本一本を経(タテ)、緯(ヨコ)と織り、そうして繰り出される美しい色のグラデーションや絣。1ヶ月半で織れるのは18枚ほどというハンカチは、ほいほい買える値段ではないけれど、5年使っている真喜志さんのハンカチを見て、惚れました。長く使われその人の手にしっかり馴染み、でもさらりとした気持ち良さを失っていない。1枚買い求め、わたしも付き合い始めたところです。

沖縄が流れ込んできた

織機。なぜこうなるか?分からない。。。。

沖縄が流れ込んできた

お三方、性格もデザインも気持ちよいほど三者三様。

王家お抱えの紅型職人だった城間家。現在16代目。琉球王国の崩壊で仕事がゼロになっても、第二次世界大戦では激戦区にありながらも拾った薬莢を道具にして、一度も途絶えることなく染め続けてきたと言います。工房は、町中からすぐなのに巨大な木が生え、池に太陽の光がきらきら映る城間家はなんだか聖域のようにも。長い反物に1枚の型を当てながら柔らかく鮮やかに染める静かな時間。500年前ときっと変わらない風景なのだと思います。

南風原は、琉球絣や南風原花織の産地で、古い集落の姿を残す小さな織物の町。以前はきっと集落中の家で女性達が織物をしていたのかもしれません。そんな想像をしながら歩き回るだけでもおもしろい。大城廣四郎工房では、この地域や周辺に住む女性たちが織機に向かっていました。新しい柄は作らず、600〜700あるという古典の柄の組み合わせだそうですが、そうして生まれる色使いやパターンに現代的なものが多かったことも、印象的でした。

沖縄が流れ込んできた

城間工房。

沖縄が流れ込んできた

お祝いの時に用いられるモチーフ

沖縄が流れ込んできた

大城工房。織り手はみんな女性。

沖縄が流れ込んできた

集落の中にはこんな工房も。

あちこち移動中、道路を挟んで広大な米軍基地がはどこまでも続き、オスプレイも飛んでいました。3機の戦闘機の息のあった空中演習を「すごいなぁ」と思い、でも、車の窓を開けると爆音が轟きました。那覇市の大きな書店で開催されていたトークでは、全国平均の2倍という沖縄の貧困問題、10代半ばで夜の世界で働く女の子たちや、暴力を受けた女性達の話を聞きました。

3日間で見聞きしたどれもこれもこの小さな沖縄の島のこと。それぞれのようですべてが複雑に絡み合っています。わたしはなんとなく知っていた。でも実際のものとしてとてつもない強さで流れ込んできました。

見たい所がまだまだあってうなっていたら、ゆかりさんか斉子さんだったか「これからたびたび来るようになるでしょ。」と言われました。まるで予言みたいに聞こえてしまったその一言。そして私も、そっかそうだなと思いました。


沖縄が流れ込んできた

       

PAGE TOP