エルメス「レザー・フォーエバー」
Naoko Aono

Naoko Aono / Writer
青野 尚子/ライター

アート、建築関係を中心に活動しています。趣味は旅行と美術鑑賞と建築ウォッチング。ときどきドボクも。共著に「新・美術空間散歩」(日東書院本社)。

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

エルメス「レザー・フォーエバー」

エルメス「レザー・フォーエバー」
12月2日〜23日、東京国立博物館・表慶館で開かれるエルメスのエキシビジョン「レザー・フォーエバー」展の内覧会に行ってきました。革をめぐるエルメスの卓越した技術をさまざまな形で楽しめる展覧会です。
写真はエルメスの鞍のアトリエが製作したマルチカラーの羽つき鞍。愛馬がペガサスに変身します。
エルメス「レザー・フォーエバー」
「ロッキング・ケリー・ホース」は2000年春のウィンドウ・ディスプレイのためにレイラ・マンシャリがデザインしたもの。これはかわいい。もし自分に子供がいて、お金持ちだったら、こんな鞄をクリスマスにプレゼントしたいです。
エルメス「レザー・フォーエバー」
馬具のコーナー。この次の部屋には乗馬体験コーナーがあります。フィットネス器具「ジョーバ」の要領で動かすと気分はジョッキーに。実は昔乗馬やっていたのですが、さんざん落ちたのでやめてしまいました。こんなおしゃれな馬具でまた乗ってみたいです。馬具がおしゃれでもヘタクソだからまた落馬すると思いますが。
エルメス「レザー・フォーエバー」
ビーナスもケリーバッグ持ってます。
エルメス「レザー・フォーエバー」
空中に盆栽が浮いていて、バッグにも根が生えています。細かいところまで丁寧な手仕事で作られたエルメスの製品は盆栽にも通じるところがある、というコンセプトです。
エルメス「レザー・フォーエバー」
エルメス「レザー・フォーエバー」
会場の表慶館は皇太子だった大正天皇のご成婚を祝して、片山東熊の設計で作られたもの。ときどき閉館していたりするので、こういうときにぜひ、建物もじっくり見てください。とくに階段のこんなライティングは今回だけのものではないでしょうか。豪華な洋館をそぞろ歩きながら高度な職人の技を堪能できる展覧会です。

PAGE TOP

エルメス「レザー・フォーエバー」

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。