第10回 恵比寿映像祭〈インヴィジブル〉、明日25日クロージング
Makoto Sasaki

Makoto Sasaki / video director/ movie director
佐々木 誠/映像ディレクター/映画監督

98年より音楽プロモーション映像やテレビ番組などを演出。ドキュメンタリー映画とドキュメンタリー風のフィクション映画も監督している。今まで撮影で訪れた場所で好きなのはケニアとインド、そしてハワイ。
http://sasaki-makoto.com

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

第10回 恵比寿映像祭〈インヴィジブル〉、明日25日クロージング

第10回 恵比寿映像祭〈インヴィジブル〉、明日25日クロージング

2009年の第1回開催以来、年に一度、展示、上映、ライヴ・パフォーマンス、トーク・セッションなどを複合的に行ってきた映像とアートの国際フェスティヴァル、恵比寿映像祭。


今年は〈インヴィジブル〉というタイトルで2月9日(金)から東京都写真美術館で行われています。

https://www.yebizo.com/jp/


私も連日、新しい映像体験を求めて奥深い展示(こちらは無料です!)、なかなか観ることのできない国内外の貴重な映像作品の上映、ライヴイベントに通っております。

個人的に特に感動したのが、私が最も影響を受けたドキュメンタリー映画『略称・連続射殺魔』の35ミリフィルム上映、そして伝説の映像作家出光真子さんの特集上映でした。

『略称・連続射殺魔』の足立正生監督ご本人もご来場していて、お話しさせていただいたことも貴重な体験でした。

いよいよ明日25日(日)までなのですが、クロージング作品として、制作中の拙作『ナイトクルージング』を選んでいただきました。

第10回 恵比寿映像祭〈インヴィジブル〉、明日25日クロージング

本作の「生まれつき全盲の男が映画を作れるか?」という内容が、〈インヴィジブル〉という映像祭のテーマそのものということで、まだ未完成ながら「Yebizo特別版」として上映することになりました。

https://www.yebizo.com/jp/program/detail/2018-04-13

今回の上映は、現段階の撮影素材をこのクロージング用に編集し、私とプロデューサーで上映中にライブ音声解説を行う、というまさに恵比寿映像祭ならではの特別な「映像体験」バージョンとなっております。

上映後は『ナイトクルージング』の主人公で生まれつき全盲の映画監督、加藤秀幸も含めてトークセッションも行います。

ご興味ある方は是非、ご来場いただければ嬉しく思います。

明日2月25日14時半〜東京都写真美術館1Fホールにて『ナイトクルージング Yebizo特別版』スタートです。

よろしくお願いいたします。


恵比寿映像祭、他の作品、展示も大変興味深く、何度行っても全然足りません。

今日、明日とまだ残っていますので、是非この機会に遊びに行っていただければ!

“見えないものを見る”新しい体験になることは間違いないです!

PAGE TOP

第10回 恵比寿映像祭〈インヴィジブル〉、明日25日クロージング