明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴー...
Kazushi Takahashi

Kazushi Takahashi / Fashion Writer
高橋 一史/ファッションライター

明治大学&文化服装学院卒業。編集者がスタイリングも手がける文化出版局に入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。担当ジャンルは、ファッション&音楽。退社後はフリーランスとして、原稿書き・雑誌編集・コピーライティング・広告ディレクション・スタイリングなどを行う。
kazushi.kazushi.info@gmail.com

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

えーーー、渋谷駅に直結する新複合施設「渋谷ストリーム」が、話題呼んでますね、近ごろ。
「お子ちゃまが大騒ぎしてきた渋谷に、再び大人を呼び込もう!」と声高に叫ぶ「東京急行電鉄」が、駅周辺を再開発。
代官山方面へ伸びる線路跡を利用した「渋谷ブリッジ」と共に、合わせ技で盛り上がりを見せているのです。

渋谷ストリームの1Fから3Fは、ショップ&レストランと言われつつも、ほぼまるっきり「カフェ&レストラン」ですから(この高層ビルの4Fから上は、オフィスやホテル)、テレビの情報番組で取り上げられることも多いですね。
9月13日(木)のグランドオープンには各店に、食好きな女性を中心に行列ができるんだろーなー、と。

その中で、「ベイクルーズグループ」が運営している新業態のピザ店に、一足早く行かせていただきましたよ!
(Flavor PRESSの横谷さん、ご招待ありがとう)

「おつまみ程度の試食会かな」と思いきや、がっつりと通常メニューで料理を提供していただき、ちょいびっくり。
っても、そんな贅沢を味わせていただいてもですね、性格のネジ曲がった私は、おいしかったとか、楽しかったとか、人にお薦めできるとか思わなければ、いつも自分だけの胸にしまい込んじゃいます。
(Flaver PRESSの横谷さん、そんな私を許して)

このピザ店、あ、一般的なピザとはちょい異なるとも言えますが、しかしその名もずばり、「CITYSHOP PIZZA(シティショップ・ピッツァ)」

「薄いピザ生地の上に、これでもかっ! と自分流に盛った料理を、たらふく食べる」、そんな食体験ができるユニークな店でした。
男性もチェックしておいて損なし、と感じたもので、ここにご紹介させていただきます。


明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

じゃん!
私がフルオーダーした、かなり盛りすぎのピザ。
これで一人前。
チキン、カジキマグロ、プロシュート、モッツァレラ……。
満腹すぎるボリュームなんですが、店のシステム上から言えば、一人前。
盛りすぎと言えども、実は基本システム以外の追加トッピングはまったくしてないのです。
選んだ料理(食材)が、ハードめだっただけ。
空白みたいな白い中央は、半熟卵です。

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

ピザ生地は、好みな薄っいタイプ。
つまり……、
炭水化物が少ない。
メタボに優しい食事だっ。
しかも、このピザ生地には、さらなる低糖質な秘密がありまして、それについては後述します。

手でつまんで食べ……られないわ、これ。
料理がゴロッと贅沢すぎて、フォークとナイフは必須です。
何度も言いますが、つまみ食べできない重量になったのは、がっつり盛りした私のよくばり根性のせいです。

どこを食べても違う味が広がります。
そのワケは、サラダ&デリカテッセンの系列店で実績を積んだ、「シティショップ」ならではのオーダーシステムにあり。

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

材料を選び、スタッフがピザ生地に乗せます。

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

<ピザ生地1種類 + チーズ1種類+メイン3種類 + トッピング2種類>

これが、基本オーダーです。
(ランチタイムはドリンクつき)

デパ地下の量り売りサラダ売り場みたいなガラス張りケースの前を、横移動しながらメニューを決めていきます。
上の写真は、手前がピザ生地。
これが、びろーんと伸びます。
全3種類の中から、私は珍しい大豆粉のグルテンフリーな「ソイクラスト」をチョイス。
大豆の味のクセは感じず、小麦粉のごとくパリパリでおいしかったです。
でも小麦粉よりも、糖質は低いのです。

チーズは、「水牛のモッツァレラ」にしました。

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

メイン食材の一部。

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

メインを3種類も入れられるのが、シティショップらしいやり方。
いろんなモノをちょこちょこ食べたい人(とくに女性)の気持ちを掴んでますよね!

メニューは、野菜・果物系から、肉・魚系まで10種類。
私が選んだのは、「カジキマグロのジェノベーゼ」、「モロッカンチキンと秋茄子のロースト」、「プロシュート/パーシモン/セルバチコ/トレビス」。
上の女性の写真は、別の人のオーダー品を載せている様子です。

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

アクセントのトッピングは、全12種類。
店員さんと彩り(ビジュアル面)も相談しつつ、「花椒ターメリックトマト」、「黒富士農場のオーガニック卵 温玉」で決定。

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

これが焼く前の私のピザ!
「プロシュート(生ハムの一種)は、焼いてから後乗せしますね」
と店員さん。

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!
明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

席について待ちます。
カジュアルな店構えが、食堂っぽさもあって好印象。
チラシには、「渋谷キャスト」でのシティショップの新店オープンの情報も。

そしてほどなくして、この記事冒頭のピザが到着。

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

これは、店がお薦めしている3つの組み合わせメニューです。
価格はですねー、最低価格の材料だけで組み合わせても、さすがに安くはない¥1,600(税抜き)から。
選ぶモノによっては料金に、「+¥50〜400」かかるのも、シティショップのほかの店と同様。

私が選んだのは……そのほとんどが追加料金が必要なモノでした…(ご馳走になってすみません!)
例えば、ピザ生地のソイクラストは、+¥100、カジキマグロのジェノベーゼも+¥100。
水牛のモッツアレラがもっとも高くて、+¥400。

がっつり派の人は、トータルで¥2,000強(税抜き)を、予定しておくのがいいかもです。

量が多くてもさくっと食べ終わる、ファスト感覚のピザですが、また行こうと思わせる魅力があります、ここには。
カスタマイズすることが、いろんな味わいがあることが、どの食材もおいしいことが、楽しかったんです。
次回は空いてる時間帯に行き、のんびり味わいたいな、と狙っております。

CITYSHOP PIZZA

渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム2F
11:00〜22:00営業(ランチタイムは、17:00まで)

座席60席 テイクアウト可


……さて、ここと同じフロアの、もう一つの人気店もちょいご紹介しましょうかね!
行列ができるロブスターロールでお馴染み、「LUKE'S LOBSTER(ルークスロブスター)」の新店です。

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!
明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴージャス料理で大満足!

ここだけの限定、「柚子胡椒 ロブスターロール」があります。
この店なら、原宿の路面店ほどの混雑はないと思いますけどねー。
どーですかね、オープン後に行ってみた方は、ぜひその様子をお聞かせくださいませ。


All Photos © Kazushi Takahashi
撮影:高橋一史

※このページを紹介する目的以外でのSNS、まとめサイト、ブログなどへの写真転載はご遠慮をお願いいたします。


ログ一覧

www.pen-online.jp/blog/k-takahashi/1387527897

フィガロ.jp(メインブログ)

madamefigaro.jp/blog/kazushi-takahashi/list.html



PAGE TOP

明日OPENする「渋谷ストリーム」のピザ店は、ナイフとフォークで食べるゴー...

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。