Kazushi Takahashi

Kazushi Takahashi / Fashion Writer
高橋 一史/ファッションライター

明治大学&文化服装学院卒業。編集者がスタイリングも手がける文化出版局に入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。担当ジャンルは、ファッション&音楽。退社後はフリーランスとして、原稿書き・雑誌編集・コピーライティング・広告ディレクション・スタイリングなどを行う。
kazushi.kazushi.info@gmail.com

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

「エルメス」ディレクターのインタビュー記事:「犬と猫。」号

「エルメス」ディレクターのインタビュー記事:「犬と猫。」号
「エルメス」のメンズを26年間も牽引し続ける女性にお会いできるという、とても貴重な経験をさせていただきました。

なんっつっても、楽しかったんですよね (^^)!
メンズ部門アーティスティック・ディレクター、ヴェロニク・二シャニアンさんのお話と、その場の空気が。
絶賛発売中「犬と猫。」号の後半に、モデル撮影5p+文1pで掲載されています。
人物ポートレートが載ってないから、取材記事だと気付かない人もいらっしゃるだろう、と思いまして、ここでご紹介を。

デザインプロセス、服のマテリアル、彼女が思い描く現代男性のライフスタイルと装いの提案などが語られています。
文の書き出しは、「毎シーズン着たくなる進化した服。私の仕事はそれを生み出すことです」
取材を通して私たちが知った情報をたくさん詰め込むことに努めました。
編集担当Yさんによる書き換えを経て無事校了に(直さず入稿できる文章書けなくてすみません…)

取材時の「エルメスジャポン」の方々の笑顔のホスピタリティも嬉しかったですし、二シャニアンさんはチャーミングでフレンドリー。
素材や縫製などのマニアックな服づくりを詳しく解説していただけて超テンション上がりました ^^
(文化服装学院出身者としては、デザイナーに会える醍醐味がここにあります。知りたいことを知れるシアワセ)

ドレスアップもできるカジュアルアイテム、カジュアルにも着られるドレスアイテム。
すなわち “いつも一緒にいられる服”

アイテムが14点(+小物)も載っているこの誌面をぜひぜひご覧くださいませ m(_ _)m


Instagram
http://instagram.com/kazushikazu

デイリーPhotoBlog
http://kazushikazushi.blogspot.jp/

(2014.8.27追記)
【若手クリエイターの皆さんへ】

このblogを作品発表の場にしたい人はいますか?
画像などがあればメール「kazushi.kazushi.info@gmail.com」へ。
絵でも写真でも、服やアクセでも、刺繍や生地プリントなどでも。
アイディア出し合って何かつくって、ここに載せるのもアリですね。
参考記事
男性のための女性ファッション用語講座 Part2:サンダル編(オリジナルイラスト)
新人クリエイター作品 Part1:ファッションデザイナー上野貴大

学生さんでもぜんぜんOK。
掲載の可能性がある人には、メール返信いたします m(_ _)m


ログ一覧

PAGE TOP