素晴らしき真っ白インド刺繍シャツ:Rajesh Pratap Singh(...
Kazushi Takahashi

Kazushi Takahashi / Fashion Writer
高橋 一史/ファッションライター

明治大学&文化服装学院卒業。編集者がスタイリングも手がける文化出版局に入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。担当ジャンルは、ファッション&音楽。退社後はフリーランスとして、原稿書き・雑誌編集・コピーライティング・広告ディレクション・スタイリングなどを行う。
kazushi.kazushi.info@gmail.com

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

素晴らしき真っ白インド刺繍シャツ:Rajesh Pratap Singh(ラジェッシュ プラタップ シン)

素晴らしき真っ白インド刺繍シャツ:Rajesh Pratap Singh(ラジェッシュ プラタップ シン)
「デザインされたシャツ」というファッションのジャンルがあるならば、その中で「究極の白シャツ」といえるのがこの「ラジェッシュ プラタップ シン」。
舌を噛みそうなブランド名で「ぜってー覚えらんねー」という人は多いですかね ^^;
聞きなれない言葉なのは、これがインド人ファッションデザイナーの名前だから。
彼がインドを拠点にして世界のモード市場に発信しているのがこのブランドなのです。
インド国内に5軒の直営店を持ち、レディス・メンズのフルコレクションを展開していますが、特にメンズのシャツが素晴らしいです。
身頃に縫い込まれたステッチ模様が圧巻の美しさ!!
一般のファッションデザイナーであれば欲を出して色糸を使ったり、ビーズを縫いつけたりするところなのでしょうが、彼はシャツ本体もステッチも白一色でまとめあげています。
パーツの縫い合わせに手縫い工程を多様して、優しく繊細に仕上げているのもGOOD。
イタリア職人の手仕事シャツのように精緻な縫製ではありませんが、民芸的な「味」とは異なり、明確に高級感があります。
さらに、シルエットは細身でシャープ。
まさに大人の“趣味がいい”モードなシャツなのです。
素晴らしき真っ白インド刺繍シャツ:Rajesh Pratap Singh(ラジェッシュ プラタップ シン)
これでもか!と言わんばかりの緻密なプリーツをご覧ください!
パンツインして着れば、夏のプライベートなドレスアップはこのシャツ一枚でOKでしょう。
素晴らしき真っ白インド刺繍シャツ:Rajesh Pratap Singh(ラジェッシュ プラタップ シン)
パーツのつなぎ目の美しさにもご注目を。
手縫いステッチもヨーロッパものと違った魅力があります。
ムラ感のある極薄の本体生地もイイですね。
素晴らしき真っ白インド刺繍シャツ:Rajesh Pratap Singh(ラジェッシュ プラタップ シン)
ステッチワークの生地をミックスした、白一色のクレイジーパターン!!
素晴らしき真っ白インド刺繍シャツ:Rajesh Pratap Singh(ラジェッシュ プラタップ シン)
織りネームに「Mens」と記載が。
ん?「Men's」じゃないのか !?

私がこのブランドを初めて知ったのは東京・表参道にあったパリ発のセレクトショップ「レ・クレルール」で、閉店直前の2009年だったと思います。
見るなり感動しまして、総手縫いの白シャツと、ネイビーの麻ニットを買いました。(セールですよ、セール (^^) )
そのとき店員さんが「よく見ないと良さが分からない地味めなシャツだから、正直言ってあまり売れてません。すごくいいのに残念です」とおっしゃっていたことが今でも頭に残っています。

いつの間にか、主張の強い服で着飾った目立つ人のことを「お洒落な人」と呼ぶ時代になってしまいました。
チープ・シックな「趣味がいい人」をメディアが紹介することも減りましたし、若者向けメディアだとなおさらコテコテを提唱する傾向にあるのがちょっと悲しいです。
ラジェッシュ プラタップ シンのように丁寧にデザインされた服がこの先も日本で売られ続けるとイイですね!!

なんだか湿っぽくなってスミマセン m(_ _)m
掲載写真はすべてショップ「BEAMS」のプレス向け春夏内見会の様子で、このブランドの取扱いは「インターナショナルギャラリービームス」。
プライスは……控え忘れました (>_<)
2万〜3万円台だったと思います。
手間がかかったシャツと考えればリーズナブルといえるお値段だったはず。
インド生産の恩恵はこういう点からも感じられます。
ほかの店では「エディション」「エディフィス」にもあるかなぁ??
不確かで申し訳ないですが、興味のある人はぜひお探しを。

All Photos © Kazushi Takahashi

※SNS、まとめサイト、ブログなどへの写真転載はご遠慮をお願いいたします。

Instagram
http://instagram.com/kazushikazu

デイリーPhotoBlog
http://kazushikazushi.blogspot.jp/

Google+
https://plus.google.com/117691385760813224487/posts

ウェブ公開メール(仕事関係者のみ)
kazushi.kazushi.info@gmail.com


【若手クリエイターの皆さんへ】

このblogを作品発表の場にしたい人はいますか?
画像などがあればメール「kazushi.kazushi.info@gmail.com」へ。
絵でも写真でも、服やアクセでも、刺繍や生地プリントなどでも。
アイディア出し合って何かつくって、ここに載せるのもアリですね。
参考記事
男性のための女性ファッション用語講座 Part2:サンダル編(オリジナルイラスト)
新人クリエイター作品 Part1:ファッションデザイナー上野貴大

学生さんでもぜんぜんOK。
掲載の可能性がある人には、メール返信いたします m(_ _)m

ログ一覧

PAGE TOP

素晴らしき真っ白インド刺繍シャツ:Rajesh Pratap Singh(...

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。