京都を舞台にした国際写真フェスティバル「KYOTOGRAPHIE 2019...

/

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

京都を舞台にした国際写真フェスティバル「KYOTOGRAPHIE 2019」 メインプログラム「Ibasyo」&「Magnum Live Lab」

京都を舞台にした国際写真フェスティバル「KYOTOGRAPHIE 2019」 メインプログラム「Ibasyo」&「Magnum Live Lab」

自宅に引き続き、京都の仕事場の工事をDIYで行っている岡原です。今日はDIYネタではなく、自分の新しい展覧会の話を…。


4月13日〜5月12日にかけて、春の京都を舞台にした国際的な(日本でこのクオリティと規模は他にはないと思います)フォトフェスティバル「Kyotographie」が開催されます。

今年で第7回を迎えるこのフォトフェスティバルのメインプログラムとして、「Ibasyo」のシリーズの展示と「Magnum Live Lab」という即興展示(ライブ・エキシビションとでも言うのでしょうか)を行うことになりました。

昨年の秋口頃から打ち合わせを始め、年が開けてからは空間デザインを担当していただいている建築家の木村俊介さん、そしてフェスティバルの関係者の方々と一緒に展示プランを詰めている最中です。


「Ibasyo」の展示は堀川御池ギャラリーの2階で、「Magnum Live Lab」の展示は1階のスペースで行われます。


「Ibasyo」は、工作舎より昨年出版された写真集に収められなかった写真も含め展示する予定です。「Magnum Live Lab」では、マグナムの写真家であるパオロ・ペリグリンと二人で、10日間かけて京都の街でそれぞれが興味のあるテーマの撮影をし、それをキュレーターと3人で即興で壁面に展示していきます。毎日新しい写真を撮影するので、展示も毎日変化します。編集や展示のプロセスを全て公開しながら進めるというプログラムなので、僕たちが編集やディスカッション、そして展示の試行錯誤をしているシーンも、来場者の方は会場内でご覧いただけます。

「Live Lab」は本来、写真家のエージェンシーであるマグナムが、マグナムの写真家を各地に派遣して行っているプログラムです。今回は日本人の写真家を入れたいということで、声をかけていただきました。


昨年の Kyotographie の展示を数箇所見に行きましたが、写真のクオリティだけでなく、使われる会場やその空間デザインも他のフェスティバルとは一線を画す、とてもユニークで魅力的なイベントです。京都の春の風物詩になりつつある Kyotographie、昨年は18万人の来場者があったとのこと。今年も多くの来場者で賑わいそうです。会期中は、トークイベントやポートフォリオレビュー、オフイベントなども京都市内各地で行われています。


4月のご予定を決めかねている方、今年の春は京都で写真を楽しんでみるのはいかがでしょうか。是非僕の展示やトークにも訪れて頂けると嬉しいです。


イベント概要

Kyotographie 2019 / 京都国際写真祭 2019

会期:2019年4月13日〜5月12日
会場:京都市内各所
チケット情報や詳細は Kyotographie ウェブサイトをご覧ください。

PAGE TOP

京都を舞台にした国際写真フェスティバル「KYOTOGRAPHIE 2019...