安藤忠雄氏ポートレイト撮影 / 仏 Numéro誌
Kosuke Okahara

Kosuke Okahara / Documentary Photographer
岡原 功祐/ドキュメンタリー写真家

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南アフリカWITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』の4冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には、IbasyoでW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品でピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

https://www.kosukeokahara.com
https://www.instagram.com/kosukeokahara
https://twitter.com/kosukeokahara

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

安藤忠雄氏ポートレイト撮影 / 仏 Numéro誌

安藤忠雄氏ポートレイト撮影 / 仏 Numéro誌 安藤忠雄氏ポートレイト撮影 / 仏 Numéro誌

さて、DIYの記事が続いた後ですが、本業のエントリーです。とは言え、もう去年の話なんですが…。まさに家を作っていた時期に撮影した仕事の一つです。


昨年の秋口に、フランスの Numéroという雑誌の仕事で、建築家の安藤忠雄さんを撮影しました。2018年にパリでは Japonism 2018という、日本の芸術文化などを紹介する催しがあちこちで開催されていて、その一環として安藤氏の展覧会も開かれていました。その展覧会に合わせてのインタビュー記事のための撮影でした。

20分くらい頂けるという話でしたが、実際に撮れたのは7分くらいでしょうか…。

まぁでも時間のない撮影にも慣れっこになっている私。


以前、アメリカのニューヨーカーという雑誌の仕事で、これまた建築家の坂茂さんを撮影しましたが、Numéroのアートディレクターから「ニューヨーカーと同じように、モノクロフィルムで撮って」と言われたので、フィルムで撮影。


撮影は短かったですが、自宅に戻ってすぐに現像してスキャン。現像も自分のレシピがあるので、ラボには出しません。(特に最近のモノクロの現像、ラボに出すのはクオリティの面でかなり微妙なんです。信頼していたラボも閉業してしまいました。)


そんなわけでできあがった写真たち。ジャポニズム2018の展示期間に合わせて、フランスの書店に並んだようです。


→ Numéroの記事へのリンクはこちらから(フランス語になります)

安藤忠雄氏ポートレイト撮影 / 仏 Numéro誌 安藤忠雄氏ポートレイト撮影 / 仏 Numéro誌

PAGE TOP

安藤忠雄氏ポートレイト撮影 / 仏 Numéro誌