Ai's Cuisine - 京都の町家をDIYで大改造①
Kosuke Okahara

Kosuke Okahara / Documentary Photographer
岡原 功祐/ドキュメンタリー写真家

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南アフリカWITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』の4冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には、IbasyoでW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品でピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

https://www.kosukeokahara.com
https://www.instagram.com/kosukeokahara
https://twitter.com/kosukeokahara

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

Ai's Cuisine - 京都の町家をDIYで大改造①

Ai's Cuisine - 京都の町家をDIYで大改造①

改装前の町家

Ai's Cuisine - 京都の町家をDIYで大改造①

改装前の町家

さてさて、昨年の4月に京都に引っ越した、と前回のブログに書きました。


楽しく生活していたヨーロッパを離れた理由は、妻の新しい仕事についていくことにしたからです。


妻の母が突然「京都に誰も使っていない古い家がある」と言ったのが2017年。

パリでケータリングの仕事をしていた妻が、常々「一度は京都に住んでみたい」と言っていたのもあり、2017年の終わりころには「日本に戻って外国人旅行者向けの料理教室を始めよう」と決めたようでした。


今までは僕の都合でヨーロッパに住んでいたということもあり、次は妻のやりたいことの番です。

そんなわけで京都に引越しました。


昨年の桜の季節に「誰も使っていない古い家」を見て唖然。なんというのでしょうか、三十数年前くらいに手が入ったであろう、町家の良さが全て消され、昭和の安いリノベーションをされた狭小長屋がそこにありました。立地はとても良いのですが、本当にここで料理教室なんてできるんだろうか…というような作り。

しかし、ビザも更新せずに引き上げてきてしまったので後には戻れません。がんばってDIYするしかない!というわけでまずは解体をスタートすることに。

と同時に、妻の大学の後輩が、奈良をベースにしている、近藤陽子さんという女性の建築家を紹介してくれ、その方が設計を担当してくれることに。

しかし、電気とガス以外はすべてDIY。工務店に頼むお金などないので、妻と二人三脚の工事生活?がスタートしました。(もちろん写真の仕事もしながら)

さて、どうなることやら。

Ai's Cuisine - 京都の町家をDIYで大改造①

改装前の町家

PAGE TOP

Ai's Cuisine - 京都の町家をDIYで大改造①