朝日新聞の書評で『Ibasyo 自傷する少女たち”存在の証明”』(工作舎刊...
Kosuke Okahara

Kosuke Okahara / Documentary Photographer
岡原 功祐/ドキュメンタリー写真家

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南アフリカWITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』の4冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には、IbasyoでW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品でピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

https://www.kosukeokahara.com
https://www.instagram.com/kosukeokahara
https://twitter.com/kosukeokahara

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

朝日新聞の書評で『Ibasyo 自傷する少女たち”存在の証明”』(工作舎刊)が取り上げられました。

朝日新聞の書評で『Ibasyo 自傷する少女たち”存在の証明”』(工作舎刊)が取り上げられました。 朝日新聞の書評で『Ibasyo 自傷する少女たち”存在の証明”』(工作舎刊)が取り上げられました。

3月30日に工作舎より発売された写真(文)集『Ibasyo 自傷する少女たち"存在の証明" 』ですが、少しずつ広がっているようです。

本日(5月12日)付の朝日新聞の書評でも取り上げていただきました。評者は哲学者の野矢茂樹さんです。

https://www.asahi.com/articles/DA3S13489881.html


とても的確な評をしてくださり、丁寧に写真を見て、文章を読んでいただけたのがよく分かり、嬉しくなりました。

「写真」や「ノンフィクション」の枠を越えてより多くの人に届いてくれればと思っています。



PAGE TOP

朝日新聞の書評で『Ibasyo 自傷する少女たち”存在の証明”』(工作舎刊...