『Ibasyo』(工作舎刊)出版記念展覧会 @ 神戸 Mirage Gal...
Kosuke Okahara

Kosuke Okahara / Documentary Photographer
岡原 功祐/ドキュメンタリー写真家

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南アフリカWITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』の4冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には、IbasyoでW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品でピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

https://www.kosukeokahara.com
https://www.instagram.com/kosukeokahara
https://twitter.com/kosukeokahara

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

『Ibasyo』(工作舎刊)出版記念展覧会 @ 神戸 Mirage Gallery

『Ibasyo』(工作舎刊)出版記念展覧会 @ 神戸 Mirage Gallery 『Ibasyo』(工作舎刊)出版記念展覧会 @ 神戸 Mirage Gallery

4月21日より、新刊『Ibasyo』の展覧会、スタートしました。

今回の展覧会は、この本の世界、そして貸本プロジェクト、さらにはこの本のためにとてつもないエネルギーをかけてくれた工作舎の造本プロセスが良く分かるようになっています。(文章のフォントだけで10種類以上、テストしていただき、さらにはダミーも何冊も作っていただきました。印刷はあの精興社です。写真部分の印刷もとてもこだわっています。そして今時めずらしい仮フランス装。特に表紙の紙の固さは、本に登場する彼女たちの繊細さを表現するためにデザイナーの方にこだわって頂きました)

ただの写真展ではなく、この写真文集『Ibasyo』の展覧会です。このテーマに興味がおありの方だけでなく、編集や本造りに関わる方にも興味をもって頂ける内容になっています。

最終的にはこの展示だけでなく、『Ibasyo』の本、そして、その中に出てくる女性たちの存在や言葉に耳を傾けていただけたら嬉しく思います。

5月5日午後6時からは、クロージングトークイベントを開催します。

5月6日まで開催中ですので、ゴールデンウィークに関西にいらっしゃる方、是非足を運んでみてください。

皆様のお越しをお待ちしています。


Ibasyo
会場:Mirage Gallery
住所:神戸市中央区北長狭通3丁目9-10 青柳ビル303号室
期間:2018年4月21日〜5月6日
クロージングトークイベント:5月5日午後6時〜
参加費:無料
お問い合せ:078-335-6510 / ayaka@rokkophotofestival.com
ウェブサイト: www.miragegallery.jp



『Ibasyo』(工作舎刊)出版記念展覧会 @ 神戸 Mirage Gallery 『Ibasyo』(工作舎刊)出版記念展覧会 @ 神戸 Mirage Gallery
『Ibasyo』(工作舎刊)出版記念展覧会 @ 神戸 Mirage Gallery 『Ibasyo』(工作舎刊)出版記念展覧会 @ 神戸 Mirage Gallery
『Ibasyo』(工作舎刊)出版記念展覧会 @ 神戸 Mirage Gallery

PAGE TOP

『Ibasyo』(工作舎刊)出版記念展覧会 @ 神戸 Mirage Gal...