写真集の作り方(全4回)・第2回 「こういうの売れないんだよね - 本の企...
Kosuke Okahara

Kosuke Okahara / Documentary Photographer
岡原 功祐/ドキュメンタリー写真家

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南アフリカWITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』の4冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には、IbasyoでW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品でピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

https://www.kosukeokahara.com
https://www.instagram.com/kosukeokahara
https://twitter.com/kosukeokahara

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

写真集の作り方(全4回)・第2回 「こういうの売れないんだよね - 本の企画を通すには -」

写真集の作り方(全4回)・第2回 「こういうの売れないんだよね - 本の企画を通すには -」

全4回に分けて、『写真集の作り方』と題して、3月30日に発売予定の『Ibasyo』を例にとって、ドキュメンタリー写真の写真集がどうやってできるのかを記しています。ドキュメンタリーというのは超マイナージャンルの写真です。撮影・取材を始める前段階から、どうやって本になっていったのか。失敗したこと、うまくいったこと、などなど、その制作プロセスをシェアしたいと思います。1回を読んでいない方はこちらから。


さて、撮影したこのプロジェクトをどうやって世に出していくのか。これはドキュメンタリー写真を撮影している人だけではなく、どのような表現活動をしている人にとってもついて回る問題なのではないでしょうか。

売れ線でもない限り、基本的に歓迎してくれる媒体は多くありません。最近は時事ものを扱っている媒体の中にも「こういったものは難しい」とはっきり言うものもありますし、「こういうの売れないんだよね」という台詞を何度国内外含め言われたかわかりません。その度に、コンチクショー!と思って次に向かっていくわけです。


米タイム誌のオンライン版や、イタリアの雑誌、国内では風の旅人や朝日ジャーナリズムという雑誌が扱ってくれた(もちろん自分で売り込み。NYまで作品を持って売り込みに行ったりした)このプロジェクトですが、本にするまでにはとても長い時間がかかりました。この世界、基本的に何もせずに誰かが作品だけを見て拾ってくれるなんて99%ありえません。そして、普通に出版社に持ち込んでも本にしてもらうことは難しいので、いくつか出版賞に応募することにしました。

このプロジェクト、当初は集英社インターナショナルの高田功編集長が色々とアドバイスをくれていました。その高田編集長から

「それだけ取材しているなら、書けることも結構あるのでは?」と言われ、文章は本業ではないのですが、ノンフィクションを書いてみることにしました。ちょうど開高健ルポルタージュ賞というものがあり、それを獲れば出版されるということも自分の背中を後押ししました。これは文章の出版賞なのですが、どさくさに紛れて写真と文章の両方を出版できるようにしてしまおうと考えていました。しかしあえなく落選。最後の3作品には残ったのですが、出版されることはありませんでした。その後、高田編集長がなんとか本にしたいと動いてくれたようなのですが、中々うまくいきませんでした。


次にユージン・スミス賞というものにも応募してみました。これはドキュメンタリー写真では世界最高峰の賞の一つです。出版賞ではないのですが、賞を取ると海外では作品がかなり知られることになるので、それによってどこかに企画を持っていこうと考えていました。が、あえなく次点。名前は出ましたし、この写真を知ってくれる人も増えましたが、出版に結びつくことはありませんでした。

しかし凹んでいる暇などありません。次にヨーロピアン・パブリッシャーズ・アワードというものに応募しました。これはヨーロッパ5カ国の出版社が共同で行っている写真集の出版賞で、受賞すると5ヶ国語(5バージョン)で本が出版されるというとても大きなものです。最後の7作品に残りましたが、落選。ファイナリストや2番では、何も意味をなしません。実際にこの世界はとても厳しく結構残酷です。


(第3回につづく)



3月24日[土]『Ibasyo (居場所)』(工作舎)刊行記念 

写真家 岡原功祐「写真家にとっての居場所」※予約受付中 

「人の居場所」を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『 Fukushima Fragments』などを出版しているドキュメンタリー写真家、岡原功祐さん。2018年2月工作舎より、自傷行為への衝動に苦しむ女性5人に密着した写真集とノンフィクションのハイブリッド本『Ibasyo』が発売されます。場所や国籍にとらわれず活躍する岡原功祐さんに新作『Ibasyo』の取材秘話から、写真家としての居場所の見つけかたまで詳しくお話を伺います。


出演:岡原功祐(写真家)、宮城安総(工作舎アートディレクター)

聞き手:ナカムラクニオ(6次元)


日時:3月24日(土)18:00~20:00(17:30開場)

料金:1500円

会場:6次元 (http://www.6jigen.com)

予約:件名を「居場所トーク」とし名前、人数を明記し、

rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp ナカムラまで。



書籍情報こちらからご予約頂けます。

5人の女性の自傷行為をめぐるフォト・ドキュメンタリー。
「 居場所 」を求めながら、
自らを傷つけずにはいられなかった彼女たちの細やかな心性に、
世界で活躍する気鋭の写真家・岡原功祐が光をあてる。
写真60点余と文章ドキュメント約280頁。
読み、見る者を圧倒する一書。

【目次より】
プロローグ
木部ちゃん ――耳をふさぎ、安らぎをさがす
ゆか ―――――トンネルの先に見える薄日
凪(なぎ)ちゃん ――繰り返す日々の営み
さゆり ――――自尊心のゆくえ
ミリ ―――――期待される自分、なりたい自分
エピローグ


  • 単行本: 370ページ(写真88ページ+ノンフィクション文章270ページ)
  • 出版社: 工作舎 (2018/3/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4875024908
  • ISBN-13: 978-4875024903
  • 発売日: 2018年3月30日
  • 寸法: 18.5 x 11.8 x 2.5 cm

PAGE TOP

写真集の作り方(全4回)・第2回 「こういうの売れないんだよね - 本の企...