パリでの展覧会『Terre des îles』
Kosuke Okahara

Kosuke Okahara / Documentary Photographer
岡原 功祐/ドキュメンタリー写真家

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南アフリカWITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』の4冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には、IbasyoでW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品でピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

https://www.kosukeokahara.com
https://www.instagram.com/kosukeokahara
https://twitter.com/kosukeokahara

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

パリでの展覧会『Terre des îles』

パリでの展覧会『Terre des îles』

"Koza" © Kosuke Okahara, courtesy Polka Galerie

パリでの展覧会『Terre des îles』

"Rhapsody in the dark" © Kosuke Okahara, courtesy Polka Galerie

先日のブログでも少し触れましたが、昨年から沖縄で始めたプロジェクトの一部が、パリのポルカギャラリーで開催中の展覧会『Terre des îles』にて展示されています。

昨今はインクジェットプリントでも「オリジナルプリント」とされる作品が多い中、今回展示されている写真は全て手焼きのプリントです。僕のメインの作品は、90枚のオリジナルプリントで構成された一点モノ。アイディアを考え始めたのが昨年の秋頃で、年始に10日ほどかけてライプツィヒのラボで制作し、パリに運んで最後の仕上げを行いました。

今回の展覧会は「島」をテーマにしていて、僕の他に、ウィリアム・クラインやセバスチャン・サルガド、ヤコブ・オウ・ソボル、森山大道さんなど、ポルカギャラリーの契約作家たちによる作品が所狭しと並べられています。

1月25日にはオープニング・レセプションが行われました。ポルカギャラリーは本当に毎回すごい数の集客があるギャラリーで、ヨーロッパの写真シーンで最も重要なギャラリーの一つとされています。

展覧会は3月3日まで開催中です。会期中にパリにいらっしゃる方、是非足を運んでみて下さい。


出展作家
カルメロ・ボンジョルノ
ベルナルド・カンティエ
ウィリアム・クライン
森山大道
岡原功祐
セバスチャン・サルガド
ヨアキム・エスキルセン
クロード・ノリ
ヤコブ・オウ・ソボル


場所:Polka Galerie(ポルカギャラリー)
住所:12, rue Saint-Gilles, 75003,  Paris, France
電話:+33 1 76 21 41 30
メール:contact@polkagalerie.com
会期:1月25日〜3月3日
営業:火曜〜金曜 午前11時〜午後7時
最寄り駅:地下鉄8番線・シェマンヴェール(Chemin Vert)駅下車徒歩2分

パリでの展覧会『Terre des îles』

"Yoshihara" © Kosuke Okahara, courtesy Polka Galerie

パリでの展覧会『Terre des îles』

"Tôkei" © Kosuke Okahara, courtesy Polka Galerie

パリでの展覧会『Terre des îles』


パリでの展覧会『Terre des îles』


PAGE TOP

パリでの展覧会『Terre des îles』