『SHOWCASE』バイエルン州立図書館アートブック展
Kosuke Okahara

Kosuke Okahara / Documentary Photographer
岡原 功祐/ドキュメンタリー写真家

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南アフリカWITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』の4冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には、IbasyoでW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品でピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

https://www.kosukeokahara.com
https://www.instagram.com/kosukeokahara
https://twitter.com/kosukeokahara

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

『SHOWCASE』バイエルン州立図書館アートブック展

『SHOWCASE』バイエルン州立図書館アートブック展 『SHOWCASE』バイエルン州立図書館アートブック展

2017年の9月20日〜2018年の1月7日まで、ミュンヘンにあるバイエルン州立図書館にて、アートブックの展覧会が開かれていました。この州立図書館、元々はバイエルン公アルブレヒト5世が建てたヴィッテルスバッハ宮廷図書館で、それ故一般的な州立図書館とは比べ物にならない規模で、ドイツ語圏での最大級の図書館の一つになっています。


そしてこの図書館、以前からアートブックの収集に力を入れていて、僕の10メーターの巻物写真集も、コレクションの一部として2016年に買い取っていただきました。

『SHOWCASE』バイエルン州立図書館アートブック展 『SHOWCASE』バイエルン州立図書館アートブック展

© Bayerische Staatsbibliothek

そしてそのアートブックコレクションを一同に会した展覧会が、昨年の9月から4ヶ月間行われていました。


僕の巻物写真集も展示してもらったこの展覧会、正直どんな規模か良く分からずにオープニングに向かったのですが、会場についてびっくり。出展作家の半分は多分もうこの世にいない人ばかり。。。


名前を見ると「ピカソ」「ヘーリング」「ウォーホール」「マン・レイ」などなど。。。巨匠ばかり!


会場に着くと、僕の作品はピカソの隣!そんな環境で展示してもらえて本当に光栄でした。


ちなみにこちらの図書館には、アート本だけでなく、歴史的な書物や、美術品として扱われている印刷物なども多数あるため、修復部門があります。そこでは日本人の方も働いていらっしゃっいました。とにかく素晴らしい保管環境だそうで、それを聞いて改めて自分の作品がこういったところにコレクションされてよかったと感じました。やはり写真は残らなければ意味がない。。。と僕は考えているので、本当にありがたいことです。


すでに展覧会は終わってしまったのですが、その様子をここでシェアさせていただければと思います。

『SHOWCASE』バイエルン州立図書館アートブック展

『SHOWCASE』バイエルン州立図書館アートブック展

展覧会のカタログ

『SHOWCASE』バイエルン州立図書館アートブック展
『SHOWCASE』バイエルン州立図書館アートブック展

PAGE TOP

『SHOWCASE』バイエルン州立図書館アートブック展

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。