Kosuke Okahara

Kosuke Okahara / Documentary Photographer
岡原 功祐/ドキュメンタリー写真家

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南アフリカWITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』の4冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には、IbasyoでW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品でピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

www.kosukeokahara.com
instagram.com/kosukeokahara
twitter.com/kosukeokahara

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

沖縄の写真展 『Rhapsody in the dark』

沖縄の写真展 『Rhapsody in the dark』

このブログを書くの、8ヶ月ぶりになってしまいました。

昨年の夏は沖縄で新しいプロジェクトを始めました。そして10月にはフランスのサン=ブリユーというブルターニュ地方で行われたフォトフェスティバルで写真展を行いました。

沖縄は撮影で何度か訪れたりしたことはあったのですが、自分のプロジェクトとしても何か撮りたいと思っていた場所です。2015年に何度か行った時は、海の中で撮影するために、フリー・ダイビングの練習をしていたら、カメラを持つのを忘れて潜ることにハマってしまい。。。

中々どんなことをしたいのか、分からなかったのですが、昨年になって、謙虚に現代の沖縄のことを単純に知りたいと思うようになりました。ニュースの現場も興味深いですし、写真にはしやすい。でも自分だけができることってなんだろうと考えた時に、沖縄のイメージが自分の中で固定されてきてしまっていることに疑問を覚えていました。

ちなみに僕が持っていた沖縄のイメージは、学生時代は「JALの宣伝に出てくるリゾート」「アクターズ・スクール」「毎年夏になると終戦関係の特番で取り上げられる戦争の歴史」。2012年以降、NYタイムズ紙の仕事などで行くようになってからは「辺野古」「米軍基地」「沖縄ジャズ」などでしょうか。それらどれも重要なトピックではあると思うのですが、メディアなどを見ることによって、また自身が取材に行くことによって、勝手に自分の頭の中で固定してしまったイメージでもあると感じるようになりました。

沖縄の写真展 『Rhapsody in the dark』 沖縄の写真展 『Rhapsody in the dark』

同様に2015年、最後にコロンビアを訪れた頃から、場所や文化に対する勝手な思い込みによるイメージの固定化というのは僕にとって大きな問題になっていました。コロンビアはもう13回ほど訪れていて、麻薬関係の撮影をひたすら行ってきました。国や事象に対する理解が進んだと同時に、次に何が起こるのか想像できてしまうようになっている自分がいました。カメラのファインダーを覗くと、デジャヴュのように自分が何を撮るのか分かってしまう。そして実際に自分が想像したようなことが起こってしまう。まるでドキュメンタリーとは違うものになってしまっているように感じていました。僕にとって写真というのはアクシデントの連続というか、だからこそ面白いものだと思っていて(もちろん写真には色々な種類、方法があると思うので、あくまでこれは僕にとって)、それが失われてしまっている自分を感じ、写真をやめようか真剣に悩んでいました。


そんな状態だった昨年、沖縄に行く機会を得ました。

謙虚に「どんな人が今暮らしていて、どんな生活があるのか」を撮りたいと思うようになりました。

3年前に沖縄中部の町、コザの飲み屋で知り合った友人に電話をかけ、知り合った人から写真にしていきたいと言いました。快く受け入れてくれ、別のお友達も紹介してくれました。単純に生活を撮らせてくださいとお願いし、家に上がらせてもらっては写真を撮り、飲み屋で知り合っては写真を撮り、といったことを繰り返しました。

出会った人たちの人間味にとても惹きつけられると同時に、経済的な問題を抱えた人、お酒がどうしても抜けない人などなど、色々な人に出会いました。楽しく暮らしている人、鬱屈したものを抱えながら生活している人、本当に多くの出会いがありました。そんなコザでの撮影はとても濃く、充実したものになりました。おかげで知り合いも増え、一期一会のような出会いもあったけれど、継続してこれからも自分と関わってくれそうな、そんな人達にも多数出会いました。これからまだ撮り続けるつもりですが、早々に展覧会の機会も得ることができました。

沖縄の写真展 『Rhapsody in the dark』

10月のサン=ブリユーでの展覧会は、展示方法も自分でデザインすることができたので、そこではコザで感じた生活の濃さを表現しようと思いました。と、同時に、県庁や一部の優良企業をトップとする経済的なピラミッドの頂点にいない人たちの不安定さなども表現できないかと考えました。

コザで過ごした時間の濃さを表現するために、4メートル弱四方の箱を作り、そこに160枚の写真を敷き詰めました。会場に入った人たちは、大量の写真に囲まれ、その中から逃げることができません。足元には不安定さや島という地理的な状況を表現するために、少し暗い海底で撮影した、海水がひたすらゆらぐだけの映像(プロジェクターの不調で問題が出てしまったのですが)を映写することにしました。

もしもっと大きな会場であればさらにその外側にも空間を作りたかったのですが、これはまた次の機会に持ち越しです。


このインスタレーションは一ヶ月ほど展示され、中々の手応えを得られました。


さて、そんな沖縄のプロジェクト、来る1月25日から、パリにあるポルカというギャラリーでも展示されます。ギャラリーでの展示ゆえ、フォトフェスティバルで行ったようなインスタレーションはできないのですが、パリという都市部での展示でどのような反応が得られるのか楽しみです。

ポルカは僕の作品を扱ってくれているギャラリーで、今回は「島と土地」に関するグループ展です。僕の他には、ウィリアム・クライン、セバスチャン・サルガド、森山大道さんなどの作品も展示される予定です。

万が一その時期にパリにいるよ、という方、是非足を運んで見て下さい。

オープニングは1月25日の午後6時から。3月3日まで展示されています。

PAGE TOP