Kosuke Okahara

Kosuke Okahara / Documentary Photographer
岡原 功祐/ドキュメンタリー写真家

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南アフリカWITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』の4冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には、IbasyoでW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品でピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

www.kosukeokahara.com
instagram.com/kosukeokahara
twitter.com/kosukeokahara

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

専用フォトラボが完成

専用フォトラボが完成 専用フォトラボが完成

前回のブログを書いたのは12月でしたので、もう5ヶ月も経ってしまいました。


1月の終わりにパリからライプツィヒに戻ってきました。

また8月か9月くらいからはパリにいますが、とりあえずはライプツィヒの話を。


2月頭からようやくラボの工事をはじめました。ラボというのは写真のラボ、要は暗室です。

昨年から設計図は描いて準備万端だったのですが、ライプツィヒにいなかったので、今年に入ってようやく手をつけることができ、つい先日完成しました。

この暗室では100x150センチのプリントまで焼くことができます。これまでは展覧会の時、大きなプリントになると、パリの暗室マンのもとで焼いてもらっていました。もちろん出来上がりは素晴らしいのですが、人に焼いてもらうと、どうしても最後の最後の最後まで詰めることが難しいのも事実で、中々完璧なものにするのは簡単ではありませんでした。

なのでどうしても、大きなサイズまで自分で焼ける暗室が必要でした。

専用フォトラボが完成 専用フォトラボが完成

工事は大変でしたが、出来上がって一安心。今まで15年ほど写真を焼き続けてきた中で学んだことを全て反映させ、ストレスなく写真を焼ける環境ができあがりました。クオリティの高いプリントを焼くためには、手間と空間がどうしても必要になります。パリで一緒に仕事をしてきた暗室マンで、多分ヨーロッパで一番写真を焼くのが上手いであろう、ディアマンティーノ・キンタス氏にも色々と助言をもらい、細部にまでこだわって作りました。


ちなみに今は、早速コレクターの方からご注文頂いた写真(オリジナルプリント)を焼いています。

もしこのブログを見ている方で、僕の作品に興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問合せ下さい。


詳しくは、僕のウェブサイトでご覧頂けます。

http://www.kosukeokahara.com/jp/prints/


PAGE TOP