Kosuke Okahara

Kosuke Okahara / Documentary Photographer
岡原 功祐/ドキュメンタリー写真家

1980年東京都出身。早稲田大学卒。南アフリカWITS大学大学院中退。人の居場所を主なテーマに撮影を続け、これまでに『Contact #1』『消逝的世界』『Almost Paradise』『Fukushima Fragments』の4冊の写真集を上梓。2008年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2009年には世界報道写真財団が世界中の若手写真家から12人を選ぶJoop Swart Masterclassに日本人として初選出。Photo District News が選ぶ世界の若手写真家30人にも選ばれる。また2010年には、IbasyoでW.ユージン・スミス・フェローシップを受賞。2012年、原発事故後の福島を撮影した作品でゲッティー・グラント、2014年にはコロンビアの作品でピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞を受賞。同作品は、ライカ社100周年記念巡回展にも選出された。これまでに東京都写真美術館、クンスタール(ロッテルダム)、ケブランリー美術館(パリ)、C/Oベルリン(ベルリン)、ダイヒトールハーレン(ハンブルク)、バイエルン州立図書館(ミュンヘン)、アネンベルク写真センター(ロサンゼルス)、アパーチャー(ニューヨーク)など、各国の美術館やギャラリーでも作品が展示されている。

www.kosukeokahara.com
instagram.com/kosukeokahara
twitter.com/kosukeokahara

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

Hiro Ito さんとようやく会えた!

Hiro Ito さんとようやく会えた!

なんかもう超個人的なブログになっております。


タイトルにもある Hiro Ito さんは、92年からニューヨークを拠点に活動されている日本人の写真家です。普段はニューヨーク・タイムズなどで活躍されています。普段から一日一本フィルムを撮リ続けているHiroさん(毎日一本撮るって中々できることではありません)。Hiroさんのニューヨーク・タイムズの仕事をみると、どれもこれもが個人プロジェクトみたいです。自分の作風で依頼仕事もこなせるというのはとても稀有(理想的)な存在ではないかと感じます。

とまぁ、そんなHiroさん、知り合い経由でお名前は存じていたのですが、僕がニューヨークに行った時は日本にいらっしゃったり、Hiroさんが日本にいらっしゃった時は僕が日本にいなかったりで、中々お会いすることができませんでした。すると「パリに行くんだけど、会いませんか?」とメールが。

おお、ついにこの時が!というわけで、今回初めてお会いできてニューヨーク生活24年のお話を伺ったり、写真の話を伺ったり。。。楽しかった!


そんなHiroさんの作品を初めて知ったのは2012年、 Red Rain というシリーズがニューヨーク・タイムズに掲載された時でした。お父様のお葬式のために20年ぶりに帰国した時に撮られたシリーズで、20年ぶりに日本に帰るってどんな感覚なんだろう?と興味をひかれました。

普段からストリート写真を毎日撮り続けているHiroさんにとって、撮る行為は生活の一部だとは思うけれど、多くの写真が「生っぽい」といでも言うのでしょうか。気負いなく撮っている感じ。僕には中々できないことで、それがとても新鮮でした。その独特な空気をまとった写真立ち。僕がそこにいても同じようには見えない(撮れない)だろうなと思わせられる写真たちを見ると、すごいと思うと同時に、悔しくて結構凹みます。


その後、Hiroさんの写真を見る機会も増えました。Red Rainより前に撮られたニューヨークのシリーズもお気に入りです。このシリーズほんとかっこいい。。。


さてさて、そんな Hiro さんの写真、新しく日本で撮影されたシリーズが、現在カンボジアのシェムリアップで開催されている、アンコールフォトフェスティバルでスライドショー上映されます。

Hiro Ito さんとようやく会えた!

Series "Japan", by Hiroyuki Ito

ViceLens Cultureのウェブサイトでもすでに世に出ているのですが、大きなスクリーンで見ると、迫力がまた違うのではないかと今から楽しみです。ちなみにHiroさんの写真たち、写真集にもなっています。ご興味ある方は是非!

http://www.blurb.com/user/hiroitophoto

PAGE TOP