スウェーデン国立美術館リニューアル 

/

Recent
Post

«

»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

過去記事一覧へ

スウェーデン国立美術館リニューアル 

スウェーデン国立美術館リニューアル 

ベルリンの建築家Friedrich August Stülerにより設計され1866年に建てられた建物を5年の歳月をかけてリノベーション。

スウェーデン国立美術館リニューアル 

スウェーデンを代表する建築家Gert WingårdとErik Wikerstålによる改修案が採用された、総費用120億円を投じた。

アートやデザインのコレクションを70万点を収蔵しているスウェーデン国立美術館。5年間かけ大規模な改修工事を終え昨年10月に再オープンした。外観はそのままに館内のレイアウトやインテリアを改善した。使われていなかった地下にロッカーやトイレを増設し、エレベーター室を増設、カフェ、レストランとして使われていたアトリウムには彫刻を並べ、カフェ、レストランの位置を移転するなどのレイアウトの変更など、その改善規模の大きさがわかる。その中でも国立美術館のために家具、照明、食器類などのプロダクト達もこの美術館のためにデザインされ、話題となっている。このデザインプロジェクトはNM& (National Museum And)と名づけられ、108種類ものプロダクトが作られた。それぞれNM&.001からNM&.108まで各プロジェクトがナンバリングされている。

スウェーデン国立美術館リニューアル 

窓際の照明NM&.016 Pile デザインMatti Klenell, 製作Swedese。

スウェーデン国立美術館リニューアル 

カトラリーNM&.060.2018: Ehra デザインNote, 製作Gense。ワイングラスNM&061.2018: Gino デザインCarina Seth Andersson 製作Skruf。多目的グラス NM&.063.2018: Undo デザイン Matti Klenell 製作 Design house Stockholm。リネンのナプキン NM&.076.2018: Husets Linne デザイン Jacob Solgren 製作 Klässbols Linneväveri。花瓶 NM&.080.2018: Kolonn デザインCarina Seth Andersson 製作Skruf。グラスランタンNM&.081.2018: Grommult デザインKatja Pettersson 製作Sthlm Glas。

ほぼ国内のメーカーや職人との共同製作により作られた。スウェーデンの得意とする、吹きガラス、リネン、木工、磁器などの伝統的な工法から現代の3DプリンターやCNCミリングマシンを製作に用いた物もある。様々な素材と加工によって製作されインテリアに配置されている様はまるでスウェーデンデザインのショールームのよう。絵画鑑賞も良いけれど、こちらの方が私は気になってしまいました。

スウェーデン国立美術館リニューアル 

アームチェアNM&.056.2018: Botero デザインPeter Andersson, Matti Klenell 製作Källemo。 テーブルNM&.044.2018: Femettan デザインStina Löfgren, Kristoffer Sundin 製作Ateljé Örnsberg。奥壁鏡 NM&.100.2018: Mirror デザインと製作Jenny Nordberg。右壁奥の彫刻が乗っているコンソールNM&.045.2018: Museum デザインTAF Studio 製作String Furniture。左のコート掛けNM&.054.2018:Major. デザインCarina Seth Andersson製作Gemla。

スウェーデン国立美術館リニューアル 

ペンダントライトNM&014.2018:Satellite. デザインTAF Studio 製作Ateljé Lyktan。

スウェーデン国立美術館リニューアル 

NM&001.2018:Chandelier カフェ中央部に配置されたシャンデリアは参加デザイナー10名がそれぞれ吹きガラスをデザインしまとめ、Örsjö Belysningが製作。

スウェーデン国立美術館リニューアル 

NM&012.2018:Putki. デザインMatti Klenell 製作Iittala

スウェーデン国立美術館リニューアル 

スタッキングチェアNM&033.2018:Aterje Chair デザインTAF Studio 製作Artek。

スウェーデン国立美術館リニューアル 

すべてのプロジェクトは紹介できないけれど、今週から小物見本市Formex、2月の国際家具見本市とストックホルムはこれからデザインイヴェントが盛りだくさん、滞在中は国立博物館も立ち寄って最先端のスウェーデン国家デザインプロジェクトも忘れず満喫して欲しい。

PAGE TOP

スウェーデン国立美術館リニューアル