勲章授与式でもスーツに合わせた、ナイキの白いバスケットボールシューズ

  • 文:小暮昌弘(LOST & FOUND)
  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:井藤成一

Share:

  • Line

勲章授与式でもスーツに合わせた、ナイキの白いバスケットボールシューズ

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一

モデル名は「ブレーザー MID ’77 ビンテージ」。レザーと合成素材を使ったアッパーにビンテージ風のミッドソールをアレンジ。フォームが露出したシュータンがレトロな味わいを醸し出す。各¥12,100(税込)/ナイキ スポーツウェア

キース・ヘリングがニューヨークの地下鉄や街中で作品を描いている写真が多く残されているが、ほとんどのシーンで彼が履いているのがスニーカーだ。1989年、モンテカルロにあるグレース王妃記念病院に壁画を寄贈したことから、モナコ公国から勲章を授与される。その式典に招かれた際にも、ジョルジオ ・アルマーニのスーツにナイキの白いバスケットボールシューズという格好で臨席したと『キース・ヘリング』(ジョン・グルーエン著 リブロポート刊)に書かれている。

彼が生きた1980〜90年代は、世界的なスニーカーブームが起き、しかもバスケットボールシューズに熱い注目が集まっていた時代だ。85年に発売された「エア ジョーダン 1」を始め、同年のロサンゼルスオリンピックに向けて開発されたアディダス 「フォーラム」、クラシックタイプではコンバース「オールスター」など、バスケットボールシューズでなおかつハイカットモデルを彼はこよなく愛した。

そんなキース愛用のバスケットボールシューズのなかの一足が、ナイキ「ブレーザー」だ。73年に同ブランドから初めて登場したバスケットボールシューズで、モデル名はナイキの本拠地であるオレゴン州ポートランドのNBAチーム「ポートランド・トレイルブレイザーズ」に由来する。今回紹介する「ブレーザー MID ’77 ビンテージ」は、ビンテージ風に仕上げたミッドソールを採用し、何年も履き古したようなレトロ感を演出したモデル。まさに彼が活躍した時代を思い起こすような名スニーカーではないか。

アッパーはレザーと合成素材の組み合わせ。ミッドソールをわざとビンテージ風に仕上げ、レトロ感を出している。

スポンジフォームが露出したシュータンのデザインが懐かしさを感じさせる。このディテールを見ただけで心躍る往年のナイキファンも多いだろう。

アンクルパッドには通称「縦ナイキ」と呼ばれるオールドロゴがプリントされている。

問い合わせ先/ナイキ カスタマーサービス TEL:0120-6453-77

https://www.nike.com/

勲章授与式でもスーツに合わせた、ナイキの白いバスケットボールシューズ

  • 文:小暮昌弘(LOST & FOUND)
  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:井藤成一

Share:

  • Line

Hot Keywords