驚きが連鎖する、革新的な立ち食いそば。

港屋

港屋

エリア:神谷町

ミステリアスな店構えからは、ここが立ち食いそば屋であるとは誰も気づかないでしょう。


店に足を踏み入れても、その驚きは続きます。お洒落なバーさながらの空間で、中央の石のテーブルを囲むように人々がそばをたぐっています。2002 年にオープンしたここ「港屋」は、立ち食いそばの価値観を変えてくれる、型破りな一軒。


この店の魅力は、決して見せかけだけではありません。メニューの中心は、ラー油入りのたれにつけて食べる「肉そば」と胡麻や海苔がトッピングできる「もりそば」。圧倒的なボリュームもさることながら、そばはしっかりとコシのある本格派。濃厚なつゆとともに、骨太な美味さを堪能させてくれます。「自分のサラリーマン時代のことを振り返り、近隣で働く方たちにお腹いっぱいになってもらいたい」とオーナーの菊地氏。その温かな思いが前例のない一杯を創り出したのです。


江戸期に遡れば、そばは市井の人たちが気軽に楽しめるファストフードのような食べ物でした。美味求真もいいけれど、日常的な美味しさの追求もまた食の魅力。江戸のそば屋に負けない、新潮流がここから始まっています。


上写真:冷たい肉そば¥850。そのボリュームに圧倒。ほのかな辛さと香りが漂うラー油入りのそばつゆにつけて。生卵を落とせば、マイルドな味に変身。あげ玉は食べ放題。

驚きが連鎖する、革新的な立ち食いそば。

愛宕神社の麓に佇む。昼時ともなると、無機質な店を取り囲むように神谷町界隈のサラリーマンたちの行列ができる。予約不可のため、時間をずらして訪れるのがお薦め。

驚きが連鎖する、革新的な立ち食いそば。

モノトーンで統一された店内。浅く水を張った石のテーブルがスタイリッシュ。もり¥600、海苔もり¥700、胡麻もり¥700、温かい鶏そば¥850、大盛りは各¥100プラス。

    東京都港区西新橋3-1-10
    TEL:03-5777-6921
    営業時間:11時30分~17時、17時30分~20時(売り切れじまい)
    定休日:土・日・祝 
    現金のみ