ヨーガン レール氏の、「美しい暮らし」を集約。

ババグーリ

ババグーリ

エリア:清澄白河

清澄の水辺に、蔦の絡まるコンクリートの倉庫跡。「ババグーリ」は、デザイナーのヨーガン レール氏の生活に対する美意識を集約した店といえるでしょう。


縫い糸まで天然染料でというこだわりから生まれたブランド、ババグーリをはじめ、オフィス用にと作った木の机がウッドテーブルへ、自ら手びねりで作った社員食堂用の器がウリやマンゴー皿へと発展、ショップを飾っています。

人気のマフィンもそうです。デザイナーの牧野里香さんが、ヨーガン レール氏とのミーティングの際、手作りのお菓子を持参したのをきっかけに、以来、氏のリクエストに応じて改良を重ね、砂糖、卵、乳製品を一切使わない美味しいマフィンを完成、週3日だけ店に並ぶこととなりました。月の三分の一を沖縄で暮らす氏の自宅の畑で採れた野草のお茶、月桃茶やオオバコ茶なども販売されています。


毎月、イベントも開催。夏市、初市と年2回のセールには、服だけでなく沖縄野菜も並びます。春と秋にはババグーリカフェを開き、お茶や焼き菓子もいただけます。15年以上も前から、自ら実践する暮らしの哲学を発信するこの店は、巷にあふれるライフスタイルショップとは、間違いなく一線を画しています。


上写真:100%天然素材のババグーリの服。東南アジアの織物、ベトナムの水牛のスプーンに南部鉄瓶など、ヨーガン レール氏が手がけるアイテムだけが並ぶ。

ヨーガン レール氏の、「美しい暮らし」を集約。

社員食堂の日替わりベジタリアンメニューは、フードスタイリストの高橋みどりさんによって本にまとめれらているほど。ショップは現在9店舗。

ヨーガン レール氏の、「美しい暮らし」を集約。

木・金・土にマフィン、土・日・月には焼き菓子が並ぶ。季節によってフレーバーが変わり、冬にはナッツがぎっしりのチョコバーも登場する。

    東京都江東区清澄3-1-7
    TEL:03-3820-8825
    営業時間:11時~19時
    定休日:水曜日
    http://www.babaghuri.jp/