無名の日常品に宿る、美しさを伝えて。

日本民藝館

日本民藝館

エリア:駒場東大前

無名の職人が作る民衆のための日常品に美しさを見出し、それを広く伝える「民藝運動」。近代日本の工芸に対する意識を大きく変えたこの運動の全国拠点として、日本民藝館が創設されたのは1936年のこと。運動の中心的人物だった思想家の柳宗悦にとっては、各地を旅して収集した工芸品を一般に公開する格好の場となりました。


民藝というジャンルが成熟し、作り手の層も市場も広がったいまは、啓蒙というより、むしろ本物の「用の美」の基準を伝える場です。駒場の閑静な住宅街にひっそりある本館は、建物自体が民藝の美意識を表しています。漆喰の壁に大谷石の床、磨きこまれた木の柱――すべて創設当時のままで余計な装飾は一切ありませんが、上質で温かく、味がある。展示品が際立つよう、陳列や照明も計算し尽されています。常時500点近い工芸品が展示されますが、イラスト風の蝶の柄をちりばめた着物、白一色なのに表情豊かな器など、どれも新鮮で時代を感じさせないものばかり。「過去のものといえども、真に価値あるものは、常に新しさを含んでいる」という柳の言葉通りです。


収蔵品の大半は柳が集めたものですが、毎年年末に行われる「日本民藝館展─新作工芸公募展─」では、現役の匠から注目の若手まで、全国の選び抜かれた新作が集結。日本の工芸界の最前線を把握するには最高の場です。通常の展覧会とは違い、作品に触ったり、購入することも可能。


じっくりと触っているうちに、最初は気づかなかった魅力が伝わってきます。「無個性ではなく、非個性。自己主張とは違った豊かな個性が民藝の魅力です」と、学芸部長の杉山享司氏。そんな美しさに触れた後は、すべてが少し味わいを増し、時間の流れが緩やかになるようです。


上写真:本館に入ると、正面には樫の木を用いたシンメトリーの大階段と吹き抜けの空間が広がる。階段の両脇や2階へ上がる途中の踊り場は、工芸品の最高の展示スペースだ。

無名の日常品に宿る、美しさを伝えて。

年4回行われる展覧会に合わせて、常設展示も3カ月おきに入れ替わる。収蔵品は陶磁器から織物、染物、石工、竹工、ガラス、木漆工まで、およそ1万7000点にのぼる。

無名の日常品に宿る、美しさを伝えて。

昭和の建物とは思えない威厳あふれる本館は、初代館長を務めた柳宗悦が自ら設計を手がけた。向かいにある西館は、かつて柳の邸宅だった(時期限定で公開)。

    東京都目黒区駒場4-3-33
    TEL:03-3467-4527
    開館時間:10時~17時(入館は16時30分まで)
    定休日:月曜日(祝日は開館)
    料金:1,000円(大人)
    現金のみ
    http://www.mingeikan.or.jp/