5人のクリエイター、オニツカタイガーを語る。

PROMOTION

確かなヘリテージをベースに、
ストリートとモードを見事に融合させるオニツカタイガー。
個性が光る5人の表現者が、
最新コレクションを履きこなしました。

Vol.1 ピエール瀧 ミュージシャン、俳優 / GSM

足が覚えていた、包まれるような感覚。

国際的な知名度を誇るテクノバンド「電気グルーヴ」のメンバーであり、俳優としても数々の映画賞を受賞するなど、マルチに活躍するピエール瀧さん。スポーツ好きで、小学校から高校までは甲子園に憧れて硬式野球に打ち込むスポーツ三昧の毎日を送り、甲子園のグラウンドに一度は立ちたいと、阪神タイガースの入団テストまで受けた経験があると聞きます。いまでも仲間内で草野球を楽しんでいます。
「野球をプレーする時はアシックスのスパイクをずっと履いていました。当時はスポーツシューズといえばアシックス。憧れというか、特別な存在でしたね」
ピエールさんが学生時代に履いていたのが、アシックスのラインアップの中でも競技用のスパイク。今回、ピエールさんが着用したのは、そのデザインや機能という伝統のDNAを受け継ぎ、2002年に復活を遂げた「オニツカタイガー」の靴です。
「久しぶりに履きました。でもこの履き心地、覚えていますよ。一見、ソールが薄めじゃないですか。大丈夫かな、なんて思っていたら、全然大丈夫。この見た目でクッション性もある。やっぱりいい靴ですね」

ラグジュアリーとストリートの競演。

真っ青なスーツにコントラストを効かせたピエール瀧さん流のスタイリング。靴は「GSM」で、1975年に発売されたテニスシューズをベースにデザインされたモデルだ。

スニーカー「GSM」¥11,880/オニツカタイガー(アシックスジャパンお客様相談室) スーツ、ベスト、ネクタイ、シャツ、チーフ、パンツ、ソックス他すべてスタイリスト私物

国外からの強い要望が、復活を後押し。

2002年に復活を遂げたオニツカタイガーは、日本以上に海外で人気を集めました。名匠、クエンティン・タランティーノが監督した映画『キル・ビル』(2003年)で、ユマ・サーマン演じるザ・プライドが黄色の「TAI-CHI」を履き、世界的な話題となりました。2002年の復活も、海外からの熱い要望があったと聞きます。
「海外の、たとえばフランスとかの女の子がこの靴を履いていると可愛いんですよね。いいとこ突くな、ってね。この靴を履いている人を見るといい感じに見えますよね。“こだわりあり”って感じがするじゃないですか。虎と鬼がダブルで入っているのっていいですね。でも、虎はヨーロッパの女の子でもわかるだろうけれど、鬼ってわかるのかな(笑)。でもそれもいいですね、鬼を履きこなしているって」

スニーカー「NIPPON MADE MEXICO 66 DELUXE」¥22,680/オニツカタイガー(アシックスジャパンお客様相談室) ジャケット、ベスト、シャツ、ネクタイ、チーフ、パンツ、ソックス、チェア他すべてスタイリスト私物

ヘリテージの味わいが シックな佇まいを演出。

学生時代にやっていた野球ではアシックスを着用していたピエール瀧さん。選んだのは、オニツカタイガーストライプが初めて搭載された1960年代のテイストのモデルだ。

スーツにも合わせられる汎用性も、
魅力のひとつ。

ピエールさんがオニツカタイガーの靴に合わせたのはテーラードスタイル。ストライプのジャケットや真っ青なスーツに、1960年代につくられていたモデルを再現した「MEXICO 66 DELUXE」と1975年発売のテニスシューズをモチーフにした「GSM」を合わせています。どちらも白のスニーカーで、足元を鮮やかに際立てます。 「この感じ、最近あるじゃないですか。ちょっと崩した感じ。レセプションパーティとかそんな時には、このくらいのスタイルでもいいと思います。なんていうかな、人の言うことをなかなか聞かないとか、相当こだわりがあるとか、そんな感じを出せたらいいですよね」
オニツカタイガーのクリエイティブディレクターを務めるのは、数々のラグジュアリーブランドで活躍してきたイタリア人デザイナーのアンドレア・ポンピリオです。ピエールさんの着こなしのように、スーツはもちろんのこと、スポーティな服、モードなスタイリングにまでマッチするブランドづくりを進めています。それがオニツカタイガーの大きな強みであり、さまざまな分野でクリエイションを創り上げているピエール瀧さんのこだわり心を刺激するのです。

Pierre Taki

1989年、電気グルーヴとしてデビュー。俳優としても活動中。2013年の『凶悪』での演技が高く評価され、多くの映画賞を受賞。16年は『日本で一番悪い奴ら』『シン・ゴジラ』『怒り』『海賊とよばれた男』などが公開。電気グルーヴとしては新作『TROPICAL LOVE』が発売中。