写真:永井泰史 文:佐藤千紗

#23 倉庫で探す、北欧家具の古き良きスタンダード

倉庫で探す、北欧家具の古き良きスタンダード

アアルトがデザインしたNo.65 キッズチェア。以前の持ち主のペイントにより、素朴な表情があります。

一時期のようなブームも落ち着き、いまやスタンダードとなった感のある北欧家具。シンプルで温かみのあるデザインはどんなインテリアにもすっと馴染み、つくりの良さは空間を整えてくれます。そんな北欧ヴィンテージ家具を200坪という巨大な倉庫いっぱいに集めたショップが、神奈川県伊勢原市にあるtalo。豊富な品揃えと良心的な価格設定で、都内のインテリアショップも買い付けに訪れる名店です。

店主の山口太郎さんが北欧ヴィンテージの世界に足を踏み入れたきっかけは、留学中の友人を訪ねたフィンランド旅行。旅の途中、デザインの国を訪れた高揚感から、いきなり4~50万ものユーズド品をまとめ買いしてしまったといいます。しかし、いつまで待っても荷物は到着せず、数ヶ月後、直談判をしに再び現地に乗り込みます。すると、ヴィンテージショップのオーナーは悪びれる風でもなく、よく来たねと迎え入れ、ついまた追加でヴィンテージ品を買うことに。そうしてさらに待つこと半年、ようやく荷物は到着したのでした。

「いま思い返せば、初対面の相手が信用できるのか、様子を見ていた部分もあるのかもしれませんね。フィンランド人はなかなか打ち解けないけれど、一度関係ができると、親切で実直。そんなところにも惹かれて、北欧家具の輸入を始めました」

倉庫で探す、北欧家具の古き良きスタンダード

アアルトのキッズ用円形テーブルとチェア。低く抑えられたサイズ感が愛らしい情景を紡ぎます。

倉庫で探す、北欧家具の古き良きスタンダード

キッズチェアNo.69。フィンランドのバーチ材に独自の曲げ木の技法を用い、強度を持たせています。

倉庫で探す、北欧家具の古き良きスタンダード

ヴィープリの図書館のために製作されたスツールNo.60。黒い座面に飴色に変化した脚がマッチ。

倉庫で探す、北欧家具の古き良きスタンダード

さまざまな年代、バリエーションのイス一つ一つに個性があります。お気に入りを探すのも楽しい。

倉庫で探す、北欧家具の古き良きスタンダード

アアルトらしい有機的なカーブが魅力のウォールシェルフ112B。横に縦に並べてもすてきです。

広大な倉庫にずらりと家具が積み上げられた店内。なかでもフィンランドの巨匠、アルヴァ・アアルトの家具が大きなスペースを占めています。アアルトは、山口さんがもっとも敬愛するデザイナーでもあります。

「アアルトのデザインは、これ以上そぎ落とすものがないというくらいシンプル。それでいて、8割くらいで作業を止めているかのように余白があって、窮屈じゃない。だから買った人の色に染まりやすいんでしょうね」

たとえば、1933年に発表された究極にシンプルなスツール60。来客のためのサブチェアとして、普段はスタッキングしておいても、サイドテーブルや踏み台にしてもいい。持ち主が自由な発想で、使いこなすことができます。病院や図書館など、パブリックスペースのためにデザインされた家具が多いため、接合部が少なく、丈夫で長持ちするのも特徴。そのため、多くはモダンデザインの傑作として、現在も発売されているロングセラー商品です。それでもあえてヴィンテージを選ぶメリットは何なのでしょう。

「現行品はキズや汚れが付きにくいよう塗装されているので、経年変化が少ない。使い込まれた飴色はヴィンテージならでは。それに、昔の方が手作業も多く、つくりが良い。少しずつ材質やかたちも変わっているので、ヴィンテージの方がデザイナーのオリジナルの意図に近いということもあります」