Pen×Type Project
4月23日(木) DAIKANYAMA T-SITEにて、公開クリエーター対談開催!

「フォントをデザインする人、フォントでデザインする人。」

「AXIS Font」や「TP明朝」など、革新的なフォントを生みだすタイププロジェクト代表・タイプディレクターの鈴木功氏と、インターネット広告やコーポレートアイデンティティなどの分野でインタラクティブな作品を発表し続けるクリエイティブディレクターの長谷川踏太氏。おふたりによるトークショーを、DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERYにて4月23日(木)に開催します。当日は、書体とメガネの機能的・デザイン的な共通点に着想を得て、長谷川氏が立ち上げた話題のメガネブランド「TYPE」や、タイププロジェクトが提案する「都市フォント」プロジェクトなど、フォントをめぐる様々なトークを展開。また、コーポレートブランディングに向けたタイププロジェクトの試みなども語られる予定です。私たちの暮らしを彩るフォントの奥深さに気づかせてもらえる貴重なクロストーク。入場は無料となっていますので、ぜひご参加ください。(Pen編集部)
Pen×Type Project <br>4月23日(木) DAIKANYAMA T-SITEにて、公開クリエーター対談開催!


左:鈴木 功 Isao Suzuki

タイププロジェクト代表/タイプディレクター

●1967年、愛知県生まれ。愛知県立芸術大学卒業後、アドビシステムズを経て2001年にタイププロジェクト創立。03年に日本グッドデザイン賞を受けた「AXIS Font」をはじめ、先進的な独自の書体を発表し、高い評価を得ている。


右:長谷川 踏太 Tota Hasegawa

W+K TOKYO エクゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター

●1972年、東京都生まれ。ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)修士課程修了。2000年よりロンドンのクリエイティブ集団「tomato」に唯一の日本人として所属。2011年からは「W+K TOKYO」のエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターも務める。

Pen×Type Project <br>4月23日(木) DAIKANYAMA T-SITEにて、公開クリエーター対談開催!
左:ニュートラルを極めた「AXIS Font」。上はAXIS Font ベーシックEL(エクストラライト)、下はAXIS Font ベーシックB(ボールド)
右:横組に適した明朝体、そんな発明が「TP明朝」。上はTP明朝ハイコントラスト H(ヘヴィ) 下はTP明朝ローコントラストH(ヘヴィ)
Pen×Type Project <br>4月23日(木) DAIKANYAMA T-SITEにて、公開クリエーター対談開催!
ご来場の皆様には、今年3月に発売されたサントリーチューハイ「The O.N.E」をプレゼント! ウイスキーやリキュール等の開発で培われた技術が活かされた、アルコール度数1%の新感覚飲料を飲みながら、ゆったりと貴重なトークに耳を傾けてください。

日時: 2015 年4月23日(木) 19:00 〜20:00
会場: DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY 
東京都渋谷区猿楽町16-5
主催: CCCメディアハウス

※下記の応募フォームでご登録いただき、ご入場された方には、Pen5月1日号(4月15日売)をもれなくプレゼントいたします。

応募フォームへ