異国での経験や出会いを大切に、ブランドは大きく育っていく。

写真:小野広幸(ポートレート) 宇田川淳(静物) 文:吉田桂

―サイドスロープが出合う、クリエイションの精神06―

異国での経験や出会いを大切に、ブランドは大きく育っていく。

「アンティパスト」のアトリエでの対談は笑いの連続。左からジヌシジュンコさん、カトウキョウコさん、そして脇坂大樹さん。

脇坂 つくり手との対談連載もいよいよ最終回。最後のお相手は「アンティパスト」のデザイナー、ジヌシジュンコさんとカトウキョウコさんです。

カトウ 脇坂さんと知り合って、初めはソックスにドッキングするパーツをつくっていただいたんですよね。

ジヌシ そのおかげでソックス生地を縫製ではなくニットのリンキングという手法で縫製できるようになりました。仕上がりが格段にきれいになったし、デザインの幅が広がりました。

脇坂 業界的に画期的でしたね。海外進出も早かったですよね。

ジヌシ そうなんです。1991年にブランドを始めて、パリで共同展示会があるからって誘ってもらって。

カトウ 営業も生産管理もわからない状態なのに(笑)。

脇坂 そういう「勢い」みたいなもの、僕はおふたりから学びました(笑)。

ジヌシ なんかね、どうしようかなって考えてたら、必ず誰かが救いの手を差し伸べてくれるんです。

脇坂 出会いって大切ですよね。僕はパリでの話を伺っていたので、海外進出するときに参考になりました。

カトウ 当時は人種差別もありました。私たちは友人が守ってくれたけど、展示会後のパーティで別の日本人がナプキンを投げられたり。

脇坂 そんな心構えがあり、2006年に僕も初めて海外で展示会をした時は、誰からも話しかけられなくても、パーティに呼ばれなくても平気でした。負けるかって思ってましたね。

カトウ 嫌なことは一瞬ですから。誰かと親しくなるとか、嬉しいことのほうが多いし、よい関係はずっと続きます。私たちにとって財産ですね。

脇坂 そうやって一つひとつの出会いを大切にして続けてきた結果、こんなにもファンがいるんだと思います。

カトウ ありがとうございます。これからは、さらにブランド力をつくっていかないと、と思っているんです。

ジヌシ 私たちが責任をもってつくっている商品であることを伝えていかないと。25年やっていても、まだまだやれることは残っているみたい。

脇坂 僕も、これから「サイドスロープ」でやれることはいっぱいあると思っています。発見を求めて、この春初めてミラノサローネ国際家具見本市に行くんです。ニットを軸にして、また違った展開ができればいいなと。

カトウ 軸がブレなければ、すぐにかたちになりそうですね。

脇坂 判断と行動が早いのは先輩であるおふたりから学んだので。

ジヌシ 小さな先輩ですけど(笑)。

脇坂 偉大な先輩ですよ。

異国での経験や出会いを大切に、ブランドは大きく育っていく。

サイドスロープの工場でリンキング縫製されたアンティパストのキャミソールの裾。パーツのつなぎ目はほぼ見えない。

異国での経験や出会いを大切に、ブランドは大きく育っていく。

サイドスロープとアンティパストは過去にコラボレーションアイテムを発表したことも。複雑な柄を生かしたカーディガン。

サイドスロープ SIDE SLOPE
●2005年に誕生した、ファストファッションでもコレクションブランドでもないニットファクトリーブランド。脇坂大樹がデザイナーを務め、「遊び心のある大人を満たすニット」をテーマに商品を展開。洋服の価値に対する合理的な値付けや、資源の再利用も視野に入れ、国内のみならず海外への発信を強めている。


脇坂大樹 サイドスロープ デザイナー
●1972年、大阪府生まれ。企業のパタンナーやデザイナーを務めたのち、ニットデザイナーとして数々のブランドの企画に携わる。2005年に「サイドスロープ」を立ち上げ、工場の技術力や素材の特徴を熟知したテクニックを活かし、新たな発想をもってモノづくりに挑戦している。


カトウ キョウコ 「アンティパスト」デザイナー
●染色や織物の作品を制作していたが、ジヌシさんと出会い、ソックスの企画デザインに参加。ともにブランドを始めた。


ジヌシ ジュンコ 「アンティパスト」デザイナー
●大手企業でソックスやタイツのデザインを担当したのち、カトウさんとコスチュームやアクセサリーをつくり始め、独立。

異国での経験や出会いを大切に、ブランドは大きく育っていく。

エジプトギザコットンを使用したイタリア紡績糸でつくられたニットポロ。スタンダードなシルエットながら、長めの袖やリブの振り柄で洒落た印象に。毛羽立たず、シルクのような質感で気持ちよく着ることができる。脇坂さんが今回の対談で着用したネイビーミックスのほか、白、黒、茶、カーキミックス、ネイビーの全6色展開。¥19,440/サイドスロープ

異国での経験や出会いを大切に、ブランドは大きく育っていく。

自社工場の余剰糸でつくったVネックカーディガン。手作業で施されたかぎ針の配色、前立てとポケットのフリンジがポイント。リブや裾のあしらいも凝っており、一枚羽織るだけでこなれたスタイルが完成する。ネイビーとライトグレーの2色を用意。¥42,120/サイドスロープ

異国での経験や出会いを大切に、ブランドは大きく育っていく。

ヴィンテージのような雰囲気を出す、ピグメント加工によって染め上げた一枚。ニットのアイテムでは珍しいブザム(胸元の切り替え)がアクセントになっている。デッドストックのコットンを100%使用した編地で、夏の装いも快適に。クリーンな印象のサックスブルーのほか、墨黒と白のカラーもあり。¥36,720/サイドスロープ

異国での経験や出会いを大切に、ブランドは大きく育っていく。

オーガニックコットン素材のカーディガン。原料には、農薬を一切使わず有機肥料のみで育て、手摘みで収穫した綿花を使っている。薄手で通気性のよい素材感を主役にしたシンプルなデザインながら、さまざまな編み地を繋ぎ合わせたような前立てのあしらいがユニーク。白とネイビーの2色展開。¥34,560/サイドスロープ

異国での経験や出会いを大切に、ブランドは大きく育っていく。

リネンをミックスしたカシミヤシルクのニットパンツは、リラックススタイルにぴったりなサルエル風のシルエット。スウェットのように見せながら、カシミヤを使用しているところがエレガンスな印象を生む。カラーは軽やかなライトグレーと、スタイルを引き締めるインディゴの2色。¥52,920/サイドスロープ

問い合わせ先/フォワード・アパレル・カンパニー
TEL:03-5423-6451 www.sideslope.jp