構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳

Vol.15 パリの「コレット」、ロンドンの「DSM」もお気に入り! 東京新世代の「ダブレット」は、本気で遊んでるからカッコいい。

パリの「コレット」、ロンドンの「DSM」もお気に入り! 東京新世代の「ダブレット」は、本気で遊んでるからカッコいい。

doublet

パッと見はスクールセーターとデニムパンツの爽やかで品のいいコーディネート。と思いきや、セーターのワッペンは極端に数が多く縫い付けられ、自らの重みに耐えられず下がってしまったように裾からはみ出ています。デニムパンツはウエストに共布のガチャベルトがつき、だらっと端が垂れ下がり、裾はボロっとほつれています。「ぶっ壊れたプレッピー」とでも言いたくなる、懐かしさと斬新さがミックスされた独特なフィーリング。「ダブレット(doublet)」は、コーデに一点取り入れるだけで着こなしに動きが生まれ、着る人の気分を上げてくれる個性派ブランドです。

'90年代のストリートスタイルを再解釈するデザイン発想が、現在のファッション感覚にジャストフィット。異なる服を一着に融合させたり、古着のリメークのごとくアウターの着丈をばっさりと短くカットしたり、笑いを誘うユーモラスなアプローチも評判を呼んでいます。さらに重要なのが、どの服も高いクオリティで丁寧に仕立てられていること。ハイモードも扱う有力セレクトショップであるパリの「コレット」や、ロンドンの「ドーバー ストリート マーケット」などもラインアップするほど、そのセンスに加えて品質の良さも世界で認められています。

上写真のセーターは、春夏向けに軽量化するためコットンの糸をベースにアクリルを混ぜて編んでいます。ビンテージふうのワッペンは本当に重ね付けすると重量が重くなるため、刺繍ミシンを活用し重なって見える一枚の大きなワッペンを製作し取り付けています。一見すると無秩序なレタードも、実は並び替えるとブランド名の「DOUBLET」に。デニムは驚くほど柔らかな風合いの生地がキモです。タテ糸がインディゴ染めのコットン、ヨコ糸が生成りのシルクという贅沢な織り。「広島のデニム工場さんと知り合ったことで実現できた生地です」と、デザイナーの井野将之さん。彼のモノづくりの話や、2017年春夏展示会の紹介などは次ページに続きます。

パイル状に起毛された本格ビンテージふうワッペン。
セーター ¥49,680、ベルトつきパンツ ¥36,720 共にダブレット
問い合わせ先/スタジオ ファブワーク
TEL : 03-6438-9575
doublet-jp.com