伝説的写真家の素顔を捉えた初のドキュメンタリー映画、「Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代」が必見です。

写真:江森康之(ポートレート) 文:青野尚子

伝説的写真家の素顔を捉えた初のドキュメンタリー映画、「Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代」が必見です。

Photo of Robert Frank by Lisa Rinzler, copyright Assemblage Films LLC

1958年の写真集「The Americans」で伝説的存在となった写真家、ロバート・フランク。インタビュー嫌いで知られる彼の素顔を見ることは容易ではありません。その彼が、自らの人生を初めて語ったドキュメンタリー映画「Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代」が4月29日(土)から公開されます。

この作品を手がけたローラ・イスラエル監督は、長年にわたってロバート・フランクの映画の編集を担当し、彼が全幅の信頼を寄せる人物です。ニュージャージー州に生まれた彼女は十代のころにカメラと出合い、後にムービーを手がけるようになりました。ロバート・フランクと出会ったのは1989年のこと。彼女はそのころミュージック・ビデオを手がけていたのですが、当時はそのビジュアルをアーティストが担当することがよくありました。その一人がロバート・フランクだったのです。

「もちろん彼の名前は知っていたので、会うのをとても楽しみにしていました。初対面の彼の印象はとてもよかった。決断が早いし、ちょっとダークで皮肉なユーモアもいいと思いました」と、イスラエル監督が当時を振り返ります。このドキュメンタリーを撮るきっかけになったのは2000年頃、アムステルダムの国際映画祭で出会った友人に「ロバート・フランクの映画を撮るべきだ」と強く勧められたことでした。でも気難しいロバート・フランクがなぜ、最後まで撮影に協力してくれたのでしょうか?
「時期がよかったのだと思います。彼自身、ちょうどいいタイミングだと思ったのではないでしょうか。デジカメのおかげで、昔のように大人数でなくても撮影できるようになったのもよかった。今回の撮影は3人だけで、撮ってもいいかどうか、必ず確認するようにしていました」

伝説的写真家の素顔を捉えた初のドキュメンタリー映画、「Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代」が必見です。

Photo of Robert Frank by Lisa Rinzler, copyright Assemblage Films LLC

単純なインタビュー映像は撮らないようにしたのも功を奏した、とイスラエル監督は言います。
「映画の中で80年代に撮ったインタビュー映像が出てきますが、ロバートはとても居心地が悪そうにしています。真正面にカメラを据えて質問するやり方です。実は私も一度、同じような方法で撮影したのですが、どうもうまくいかなかった。自分でも『これは二度とないな』と思ったし、彼も次はやってくれなかったと思います(笑)。そこで彼が本を見ていたり、友人のトム・ジャームッシュと写真を撮りに行ったりするところを撮るようにしました。何かをしているところを撮影したのがよかったのではないかと思います」

このことは映画を見た、ロバートの友人たちの証言からも伺えます。
「みんなびっくりした、って言うんです。ロバートが親しい人にだけ見せる顔が映っているって。僕たちがよく知っているロバートを見せてくれてありがとう、って言われました」

伝説的写真家の素顔を捉えた初のドキュメンタリー映画、「Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代」が必見です。

Photo of Robert Frank by Lisa Rinzler, copyright Assemblage Films LLC