デヴィッド・ボウイの人生がここにある! 4月9日まで開催の大回顧展『DAVID BOWIE is』を見逃すな。



ちょうど1年前、最新アルバム『★』の発売からわずか2日後に突然この世を去ったデヴィッド・ボウイ。半世紀にわたる彼のキャリアを総括する大規模な展覧会『DAVID BOWIE is』が、70回目の誕生日になるはずだった1月8日に、東京・天王洲の寺田倉庫G1ビルでいよいよ始まりました。

本展がロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で開幕したのは、2013年3月のこと。日本では一周忌を記念する追悼イベントであるかような印象を与えますが、当時のボウイは10年ぶりの新作『ザ・ネクスト・デイ』を発表したばかり。むしろカムバックを歓迎する祝賀イベントと目され、大きな話題を呼び、連日会場は満員状態。マスコミにも絶賛されて、以後ベルリンからサンパウロまで世界9都市を巡回し、同博物館が企画した展覧会としては最高記録の計160万人を動員しました。そして彼の死を受けてさらに再評価の声が高まり、ファッションデザイナーから映画監督まで全方面のクリエイターたちに及ぼした影響力の大きさが改めて論じられる中、10カ所目の、アジア唯一の開催地として東京に上陸したというわけです。

この展覧会を可能にしたのはほかでもなく、ボウイ自身のアーカイブ。彼は10代の頃から密かに、自身の創作活動にかかわるあらゆる資料を大切に保管していたのです。その総アイテム数は75000点に上るとされ、「ボウイ自身は一切内容に関与しない、その代わりにアーカイブにあるものは何でも使っていい」との条件下で、同博物館のシアター&パフォーマンス部門のキュレーターたちは『DAVID BOWIE is』を企画。そのひとりのジェフリー・マーシュは、「私たちは大勢のロックスターのコレクションを見ていますが、たいていは雑誌の切り抜きや衣装が数点あるだけなんです。しかしボウイは、何もかも保管していた。その完璧さは圧巻でした。まるで、自らがつくり上げたキャラクターを通じて自分自身を分析していたように感じさせます」と、300人を集めたメディア内覧会で語りました。

(次ページへ)

デヴィッド・ボウイの人生がここにある! 4月9日まで開催の大回顧展『DAVID BOWIE is』を見逃すな。

会場に到着するとまずは、“デヴィッド・ボウイはここにいる”と記されたこのビジュアルが目に入る。

デヴィッド・ボウイの人生がここにある! 4月9日まで開催の大回顧展『DAVID BOWIE is』を見逃すな。

ボウイがステージで纏った衣装の数々。ティエリー・ミュグレーによるグリーンのスーツ、ボウイを敬愛するエディ・スリマンが提供したブルーのシルクのスーツも含まれている。

デヴィッド・ボウイの人生がここにある! 4月9日まで開催の大回顧展『DAVID BOWIE is』を見逃すな。

まだ混乱状態にあった、第二次大戦後の英国で育ったボウイの幼少期を紹介するコーナーより。看板は、彼の生家があるロンドン南部の通りに立っていたもの。