日本の戦後を代表する写真家のひとり、東松照明の「太陽の鉛筆」展を見逃すな。

日本の戦後を代表する写真家のひとり、東松照明の「太陽の鉛筆」展を見逃すな。

波照間島 1971年撮影 ©Shomei Tomatsu - INTERFACE

日本を代表する写真家であった東松照明が亡くなってから、早くも4年目になろうとしています。東松の評価は、戦後の数々の傑作や、晩年の東南アジアなど南方文化圏を捉えた写真をはじめとして、ますます高まっています。その東松の代表作といわれる沖縄を撮った『太陽の鉛筆』の中から、約50点を展示する展覧会が開かれています。

彼の歩んだ軌跡を振り返ると、東松が「戦後」を代表する写真家と語られる理由が分かります。1930年(昭和5年)名古屋市に生まれた東松照明は愛知大学を卒業後、岩波写真文庫のスタッフを経てフリーランスとなります。59年写真家集団「VIVO」を川田喜久治、佐藤明、丹野章、奈良原一高、細江英公らと結成。その後、「米軍基地」や、被爆した「長崎」、「沖縄」をテーマにした作品をはじめ数多くの写真群を発表しました。日本の戦後史を「アメリカニゼーション」と語った東松は、戦後の状況を鮮烈な写真で表現し、日本の写真界の中心的な存在となっていきました。

沖縄の傾いた水平線上にぽっかりと浮かぶ白い雲を捉えた「波照間島 1971」をはじめ、彼の『太陽の鉛筆』には、占領下にありながら、占領されざる沖縄の歴史と自然、そして南方の島々に生きる人々が捉えられているのです。そうした彼の視線は「日本」という境界さえ超えていくように感じられます。

日本の戦後を代表する写真家のひとり、東松照明の「太陽の鉛筆」展を見逃すな。

フィリピン サンボアンガ 1973年撮影 ©Shomei Tomatsu - INTERFACE

日本の戦後を代表する写真家のひとり、東松照明の「太陽の鉛筆」展を見逃すな。

サイゴン 1973年撮影 ©Shomei Tomatsu - INTERFACE