戦後写真史に残る傑作を見るチャンス。男子修道院と女子刑務所を撮った「奈良原一高 王国」。

戦後写真史に残る傑作を見るチャンス。男子修道院と女子刑務所を撮った「奈良原一高 王国」。

戦後を代表する写真家、奈良原一高の名作『王国』が東京国立近代美術館で展示されています。1958年に発表された『王国』は、北海道のトラピスト男子修道院と和歌山の女子刑務所という、世間から隔絶された場所に生きる人々を撮影した作品。普段見ることのできない異世界を写したモノクロームの写真は、ドラマティックなテーマと緊迫感が際立ちます。プリント全87点による全貌の紹介は東京では56年ぶりとなります。

奈良原一高は、早稲田大学大学院在学中の1956年、長崎の軍艦島と鹿児島の桜島という、やはり外界から閉ざされた人々の生活を取材した『人間の土地』で、鮮烈なデビューを飾りました。『王国』はそのテーマをより深化させ、空間的にも心理的にも孤立した極限状態にあって、共同生活を送る集団の“孤独”と“連帯”を切り取ります。

所蔵作品展では、デビュー作『人間の土地』や70年代の『ブロードウェイ』からの作品も展示されています。また、同じく戦後を象徴するアーティスト高松次郎の『高松次郎ミステリーズ』展も同時期に開催。不安定なエネルギーが溢れる時代の表現をまとまって目にする貴重な機会。ぜひその息吹を感じてみてください。(佐藤千紗)

戦後写真史に残る傑作を見るチャンス。男子修道院と女子刑務所を撮った「奈良原一高 王国」。
戦後写真史に残る傑作を見るチャンス。男子修道院と女子刑務所を撮った「奈良原一高 王国」。
戦後写真史に残る傑作を見るチャンス。男子修道院と女子刑務所を撮った「奈良原一高 王国」。
    上段写真:奈良原一高『「王国」より沈黙の園』1958年
    下段写真 上:奈良原一高『「王国」より沈黙の園』1958年
    下段写真 中:奈良原一高『「王国」より壁の中』1956-58年
    下段写真 中:奈良原一高『「王国」より壁の中』1956-58年
    ©Narahara Ikko Archives

『奈良原一高 王国』展
~2015年3月1日(日)

東京国立近代美術館 ギャラリー4(2F)
千代田区北の丸公園3-1

TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:10時~17時(火~木、土、日)
10時~20時(金)
※入館は閉館の30分前まで
休:月(1/12は開館) 12/28~1/1, 1/13
入場料:一般¥430 学生¥130
www.momat.go.jp/Honkan/naraharaikko/index.html